ライオンコーヒーのドリップバッグ。おいしい入れ方で飲むとおいしい



こんにちは!のとむらです。ハワイの有名なコーヒーである「ライオンコーヒー」。

手軽なドリップバッグのタイプを買って、おいしい入れ方を実践してみたら、お店のコーヒーみたいにおいしかったです。

反対に、適当な入れ方をすると苦味の強いコーヒーになってしまいました。

そこで今回は、ライオンコーヒーの紹介と、試して良かったおいしい入れ方を紹介してみたいと思います。

 

ライオンコーヒーとは?

ハワイで1864年に創業された老舗コーヒーブランド。

むかしはコーヒー豆をフライパンで炒めていたため味にムラがあったのですが、そこで新しい焙煎方法を取り入れて味の均一化に成功したのがライオンコーヒーなんだそうです。

日本では、通販や輸入品のお店で買えます。

ライオンコーヒーの味の種類

・オリジナル(フレーバーなし)
・バニラマカダニア
・バニラキャラメル
・チョコレートマカダミアナッツ
・トーステッドココナッツフレーバー
・ライオンヘーゼルナッツ
・ストロベリーホワイトチョコレート
・カフェハワイ(ミディアムダークロースト)
・サクラ
・モカラテ
・プレミアムチョコレートマカダミア

覚えきれないほどありますね(笑)

このほかにデカフェ(ノンカフェイン)のものや、コナ100%のものがあります。

探したらもっと色々出てくるかもしれません。

粉とドリップバッグの違い

ライオンコーヒーは198gの粉タイプと、8gのドリップバッグタイプがあります。

他にも豆とかカプセルがあるのですが、専用の道具が必要になってくるので、ここでは割愛させていただきます。

198g粉タイプ

・別途ペーパーフィルターが必要
・自分で分量を計る必要あり
・手間がかかるぶん値段が安い
・開封したら早めに使い切らないといけない

8gドリップバッグタイプ

・カップにドリップバッグを引っかけるだけなので簡単
・グラムあたりの値段が高い
・個包装なので保存が効きやすい

わたしの場合、平日は会社に備わっているコーヒーを飲み、土日はせいぜい1〜2杯しか飲まないので、8gドリップバッグタイプを買っています。

毎日欠かさずライオンコーヒーを飲む人や、誰かと一緒に暮らしていて早めに使い切れそうなのであれば、198g粉タイプが良いかもしれません。

ライオンコーヒー ドリップバッグのおいしい入れ方

巷で言われている美味しいドリップバッグコーヒーの入れ方を参考に、簡単にできるよう私がアレンジした方法がこちらです。

1:お湯を170ml沸かす
2:沸騰したら火を止めて1分待つ
3:お湯を少し注ぐ(粉全体が湿る程度)
4:蒸らす(30秒)
5:ドリップバッグ8分目までお湯を注ぐ
6:お湯が全部カップに移りきる直前で、またドリップバッグ8分目まで注ぐ
7:ドリップバッグを絞らないよう取り外し、斜めにして数滴足らず

注意点としてはフィルターに直接お湯が当たらないようにすることです。あと、できあがりの量が少ないのでびっくりするかもしれませんが、ちょうどいいです。

裏面に入れ方が書いてあるので覚えてなくても安心です。

味わい

深いコクはないけど、酸味がなくて飲みやすいです。

個人的にはスタバのブラックコーヒーよりおいしいと思いました。

今までにバニラマカダミア、バニラキャラメル、プレミアムチョコレートマカダミア、オリジナルの4種類を飲みましたが、バニラマカダミアが個人的には一番良かったですね。

ドリップバッグのコスト

ライオンコーヒーのドリップバッグは、アマゾンで買うと一杯あたり約180円。

スタバのブラックコーヒーがショートサイズで約330円。

150円の差を大きいと感じるか、さほど変わらないと感じるかは人それぞれでしょうね。

個人的には状況に応じてどっちも楽しめばいいと思います。

お店で飲むコーヒーは気分転換になりますし、ドリップバッグはキャンプや登山に持って行けるのが便利です。

甘いお菓子と一緒に飲むと美味しさUP

ライオンコーヒーは、ラングドシャやバターサンドなどの甘いお菓子と相性が良く、よりいっそう美味しく飲めます。

お互いの味を引き立てている感じ。

一杯につき、白い恋人1〜2枚でも満足できます。

まとめ

市販のライオンコーヒーは感動するほどおいしいわけではありません。

ですが、いつも安いインスタントコーヒーばかりで節約疲れしている人には、ほどよい非日常感を与えてくれます。

 


ライオン バニラマカダミア ドリップ コーヒー 8g×10袋

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA