肥後守(大)は青紙割込とVG10どっちが良いか?



こんにちは!のとむらです。日本の伝統刃物である「肥後守」。

サイズや鋼材のバリエーションが豊富ですが、

永尾駒製作所から販売しているものが正規品で、標準サイズは「大」。鋼材はカーボンの「青紙割込」とステンレス「VG-10」の2種類となっています。

では「大」を選ぶと仮定した場合、鋼材はどっちが良いのか?

個人的な見解をお伝えしたいと思います。

 

カッコ良さなら青紙割込。実用性ならVG-10。

まず切れ味についてですが、箱出し状態ではVG-10のほうが若干良く、革砥でかるく研ぐと、ほぼ互角になります。

青紙は砥石でしっかり研ぐと本来の性能を発揮するそうなので、潜在的な切れ味は上かもしれませんが、VG-10もステンレスとしては良く切れる鋼材なので、大きく差をつけられることはないでしょう。

なので見た目の好みを優先するか、利便性を優先するかになってくると思います。

見た目においては、やはり青紙割込のほうがカッコイイですね。

真鍮ハンドルもキズが入ったり、くすむことで味が出てきます。

VG-10のほうも悪くはないのですが、漢字と英数字が入り混ざった刻印に、どうしても違和感を覚えてしまいますね。

その一方で、利便性においてはVG-10が有利かなと。

サビに強いので、水濡れを気にせず、アウトドアでの調理用ナイフとしてガシガシ使えます。

刃長が約75mmなので、あまり大きな食材は切れませんが、焼いた肉を切り分けたり、片手で掴めるサイズの川魚を捌くには十分でしょう。

ハンドルも手入れがしやすいステンレスなので、管理が楽です。

どっちかに絞るなら?

私なら迷わず青紙割込を選びますね。

この和な雰囲気が好きですし、くすんできた真鍮を手入れする面白さもあります。

調理用ナイフにはオピネル、フェデカ、ビクトリノックス、スパイダルコ、モキナイフなど、他に候補はたくさんあるので、肥後守は見た目の好みで選ぶのが良いかなぁという感じです。

以上!個人的な見解でした。

 


肥後守定 和式ナイフ 青紙割込 真鍮 [ 大 ] 肥後の守 永尾駒製作所 和風ナイフ 国産ナイフ アウトドアナイフ 小刀 本鍛造 刃物 日本製 国産刃物 和式刃物 フォールディングナイフ 折り畳みナイフ 折り畳み式ナイフ 折りたたみ式ナイフ フォルダー 折りたたみナイフ

 


肥後守定 和式ナイフ 折りたたみ VG10割込 [ 大 ] 肥後の守 ひごのかみ 永尾駒製作所 和風ナイフ 国産ナイフ アウトドアナイフ 小刀 本鍛造 刃物 日本製 フォールディングナイフ 折り畳みナイフ 折りたたみナイフ 折り畳み式ナイフ 折りたたみ式ナイフ フォルダー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA