タクティカルナイフの使い方は?アウトドアでの実用性を考察



こんにちは!のとむらです。ナイフにはいろいろな種類があり、特定の分野に特化したナイフには別称がつきます。

狩猟用として動物の解体がしやすい工夫がされたハンティングナイフ。枝や草をなぎ払えるように刃先に重心を寄せたブッシュナイフ。魚をさばきやすいよう刃を薄くしてあるフィッシングナイフ。どれもアウトドアで活躍しそうですよね。

しかし中には、人と戦うことに主眼をおいた、あからさまに武器な感じのナイフが存在します。

タクティカルナイフです。

私も1本持っているのですが、実際に使ってみた感想を交え、アウトドアで使えるのか考察していきたいと思います。

 

GERBER(ガーバー)「キオワ タントーナイフ 半波刃」


ナイフ好きであれば誰もが知る有名メーカー、「ガーバー」のフォールディングナイフ。

なぜタントーと呼ぶのかというと、日本の短刀の形を模倣して作られているからです。

ブレードは光が反射して敵に気付かれるのを防ぐため、ブラックコーティングが施されています。私は単純にデザインの良さでこのナイフを選んだのですが、いやはや、ガッチガチの武器だったとは。

でもタクティカルって日本語に訳すと「戦術的」という意味になるんですよね。これは「機能的」とも捉えることができます。

100%戦闘用のナイフってわけでもなさそうです。

片手でブレードを開閉できる


キオワのロック機構は「ライナーロック」。

ブレードの根本付近には「サムスタッド」という親指を引っかける突起物が付いており、片手で振り出すようにブレードを開くことができます。

この機能のことを、「ワンハンドオープン・クローズ」なんて言ったりもしますね。

片手がふさがった状態でも素早く取り出せるので便利です。

ワンハンドオープン・クローズ系といえば、「ベンチメイド」や「スパイダルコ」のフォールディングナイフが滑らかなことで有名ですが、キオワも負けていません。


裏側にはクリップが付いており、ベルトやズボンのポケットに差し込んでおくこともできます。


手のひらにおさまるほどコンパクト。こうして見るとかわいいナイフ?

一応バトニングもできた

実はこのキオワ、キャンプのときに思いっきりバトニングしてしまったことがあります(そのときナイフの知識があんまりなかった)

当然フォールディングナイフなので可動部分が少しイカれてしまったのですが、ちゃんと薪は割れました。

緊急時にはシースナイフと同じように荒々しく使うこともできるようです。

波刃のメリットデメリット


キオワにはセレーション(波刃)がついています。

波刃は切断に特化しており、ロープやダンボールを切るときに便利。また、直刃の切れ味が落ちてきたときに予備刃のような役割を果たします。

ただしメンテナンスでは面倒です。砥石とは別に波刃用のシャープナーを用意しないといけなくなるので、手間が増えてしまいます。

「スパイダルコトライアングルシャープメーカー」という波刃部分ごとまとめて研げる研ぎ器もありますが、ナイフ好きさんのなかには波刃を敬遠する人もいますね。

無人島サバイバルのような状況だったら、この波刃が役に立つ場面はけっこうありそうですが。


キオワの波刃はなかなか切れ味が良い。

ベアグリルスアルティメットナイフの品質は?購入レビュー

2019年3月2日

ブラックコーティングは良し悪し

敵に発見されにくくするためのブラックコーティング。

軍人さんにとってはまさに戦術的と言えますが、わたしたち一般市民にはあまりメリットがありません。

むしろ食材を切るときに抵抗を覚えるくらいです。

まとめ

タクティカルナイフを実際に使ってみた結果、「戦闘にも使える機能的なナイフ」という印象を受けました。

キオワは例えるなら、折りたたみ式のサバイバルナイフといったところでしょうか。

コンパクトで携行しやすいので、キャンプ・釣り・登山など、あらゆるアウトドアで活躍しそうです。

 


GERBER 折りたたみナイフ キオワ 半波刃 1405 KIOWA G1405 フォルダー 折り畳み フォールディング 販売 | ホールディング

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA