男性がナイフや銃を好きになる心理とは?【女性向け記事】



こんにちは!のとむらです。私はナイフが大好きです。集めまくってたら20本以上になっちゃいました。

銃(モデルガンやエアガン)も好きといえば好きです。少年の頃にサバゲーをやったことがあるので、まぁそれなりには。

しかし、どちらも人を殺める道具に成り得ますし、世間一般的にも凶器のイメージが強いです。

私は一時期、ナイフが好きなんて自分は相当ヤバいんじゃないかと思っていたのですが、その心理が分かってからは、ちょっとだけ安心できました。(ちょっとだけかい!)

ではその心理とは?

私のブログの読者は男性が多いと思いますが、今回はナイフに恐怖心を抱く女性たちに向けて書きます。

 

男は機能的な物に魅かれる

男が銃やナイフが好きになる理由、それはズバリ・・・

男は機能的な物が好きだからです。

スピードが速い車。

荷物がいっぱい入るリュック。

ダイバー機能が付いた腕時計。

グラフィックボードが良いパソコン。

折りたたむとコンパクトになるキャンプギア。

こういった、何かの機能を持った物に興味を持つようにできています。

銃やナイフはまさに機能の集合体なんですよ。

銃だったら連射が効くとか、パーツを取り付けられるとか。

ナイフだったらロープを切るためのギザギザが付いているとか、ハンドルが握りやすい形状になっているとか。

機能を追求した結果のデザインだから、めちゃめちゃカッコよく見えるわけなんですね(男の目にはそう映る)

多分、ここらへんに男女の価値観のギャップが生まれるのだと思います。

「このナイフはどーたらこーたらで・・・」とか説明されても、ただの凶器にしか見えないんじゃないかと。

あとは力で敵わない男性がナイフを持つことによって、悪い意味で鬼に金棒状態というか、恐怖感を倍増させているっていうのもあると思います。

狩猟本能のなごり

狩猟時代、男たちは石を尖らせて作った槍やハンマーを武器にして獲物を狩っていました。

で、その武器にも性能の良し悪しがあったみたいなんですね。

狩猟の成果は生活にダイレクトに影響しますから、よりいっそう獲物を狩りやすい武器に関心をもっていたわけです。

ゲームなんかでもRPGをやっていて、今装備している剣よりも攻撃力が高い剣が手に入った瞬間、テンションが上がったことはありませんか?

おそらく、あれと同じ原理です(笑)

ナイフが好きな男なんて少数派ですけど!?

いったん銃はおいておきましょう。あいつはサバゲーで市民権を獲得していますから。

問題はナイフです。

私が今言った話だと、世の男性のほとんどがナイフ好きということになってしまいます。

しかし実際はナイフなんて興味がない、むしろ怖いとすら思っている男性のほうが多いですよね。そのとおりです。

理由としては、今の時代に必要ないからだと私は思います。

ナイフがなくても生活に困らないし、持ってたってキャンプで木を切ったり、釣った魚をさばいたりと、用途が限定的です。

それよりも仲間と一緒に遊べるゲームとかバイクとか。おしゃれをするための服とかリュックとか。

そういった、現代社会を楽しむアイテムのほうが需要ありますよね。

ナイフは懐古趣味とか骨董品集めに近いんじゃないかなと。

まとめ

ナイフが好きな男性の心理(あくまで健全な場合)をまとめると・・・

「男は機能的な物が好きで、より性能の良い物を追い求める性質だから」

この一言に尽きます!

もし彼氏やご主人がナイフを趣味で集めていて怖い思いをしている女性は、こういった性質をもっていないかちょっと確かめてみてください。

ちなみに私は、女の人にナイフ趣味を理解してもらえるなんて微塵も思ってないので、厳重に隠し通してます(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA