モーラナイフのかわいい小型モデル「エルドリス」が万能すぎる件



こんにちは!のとむらです。小さいナイフってなんかいいですよね。部屋に置いていても邪魔にならないし、ちょっと切りたいなっていうときに便利です。用がなくてもつい手に取りたくなります(笑)

そこで最近買ったのがモーラナイフのエルドリス!

今回はこいつのレビューをしてみたいと思います。

 

MOREKNIV(モーラナイフ) エルドリス

刃長:約59mm
刃厚:約2mm
重量:約80g
ブレード鋼材:12C27ステンレス鋼(おそらく)
エッジ形状:プロファイル・グラインド

ハンドル材:TPEラバー。中央部分はポリプロピレン

モーラナイフのなかで最小モデルのエリドリス。切り出しナイフのような形が印象的ですね。

刃長が60mm以下と、ギリギリ日本の銃刀法に触れない長さ。カラーバリエーションは5種類。わたしは青が好きなので青を買いました!

「エルドリスネックナイフキット」というバージョンのものを買うと、シースをロックして首にぶら下げるための紐とファイヤースターターが付いてきます。

 

シースに収めた状態。カチッとはまるので、逆さまにしてもすっぽ抜けない。

エッジ形状は「プロファイル・グラインド」というかなり珍しいもので、刃の先端に向かうほど薄くなっているのが特徴。

ブレード表面はざらついており、ガーバーグのブレードに似た質感です。

 

小さいながらも刃厚は約2mm。耐久性も悪くはなさそう。

この峰をストライカー代わりにしてファイヤースターターで火花を起こすことも可能です。

サイズ感

エルドリスはコンパクトですが、どれぐらいのサイズ感か、実際に手にしたことがないとイメージがつきにくいと思うので写真で説明しましょう。

 

シースに入れた状態だと手のひらから少しはみ出る程度です。

私は手が大きいほうなのですが、ハンドルはジャストフィット。

ある程度太くてグリップが良いので、力を入れて握りこめます。

同社のコンパニオンヘビーデューティーMG(ステンレスモデル)と比較するとこんな感じです。

切れ味

では気になるエルドリスの切れ味を見てみましょう。まずはコピー用紙から。多少切り口が荒いですが、スパッと切れました。

 

続いて、わりばしフェザースティック。こちらもガリガリと削れます。刃先より、厚みのある根元のほうが若干削りやすい感じ。

小さいのでコントロールしやすく、うっかりナイフを滑らせてもケガしにくいのがメリット。削り作業にピッタリです。

 

切れ味を他のモデルと比較すると・・・

1位:コンパニオンヘビーデューティーMG(炭素鋼モデル)

2位:コンパニオンヘビーデューティーMG(ステンレスモデル)

3位:ガーバーグ

4位:エリドリス

こんな感じで、エルドリスは4番目。正確にいうとガーバーグとほとんど差がないのですが、ガーバーグには重さがあるので、そのぶん刃が食い込みやすいのです。

しかし良質なスウェーデン鋼が使われているので、エルドリスは一般的な420HCのナイフよりは鋭く切れます。

威圧感が少ない

エルドリスの魅力はなんといっても、威圧感が少ないこと。ハンドルに対して刃が短いこともあり、かわいいナイフに見えます。

この、かわいいっていうのが超重要。

というのもナイフって、日本ではトップ3に入るんじゃないかってくらい、持っているとドン引きされやすいアイテムなのですよ(笑)

キャンプ場ですらナイフを使っていて通報された人がいるくらいですから、相当なものです。(その人はガンガンと激しくバトニングをしていたのが原因とのこと)

利用客が多いオートキャンプ場なんかでは、エルドリスみたいな小型ナイフのほうが変に怖がらせなくて済みますし、使用者も心おきなく使えるというメリットがあります。

切ること以外は万能

エルドリスは小型ながら刃厚が約2mmあるので、直径3cmほどの枝であればバトニングができます。

また、峰の部分がファイヤースターターに対応しているので、火も起こせます。

刃が短いので切る作業には不向きですが、それ以外では万能と言えるでしょう。

ネックナイフキットは必要か?

エルドリスは小さいですがポケットに入るサイズではないので、首からぶら下げられるネックナイフキットがあれば携帯に便利です。

ただ、私は首に物をぶら下げるのが好きじゃないのでナイフ本体のみ買いました(笑)リュックに入れて必要なときに取り出すスタイルでいこうかと。

かのベアグリルスさんも、ディスカバリーチャンネルの番組内で、フォールディングナイフをリュックに入れて移動していたようですよ。

注意点

エルドリスの扱いの注意点は、ファイヤースターターで火を起こすとき。火花が刃に当たらないようにしなくてはいけません。

なぜそんなことに気をつけないといけないかというと、刃に50度以上の熱に触れると、鋼材の組織が崩れてしまって切れないナイフになってしまうからです。

必ず峰のほうでこするようにして、できるだけ火花が刃に当たらない角度でやりましょう!

まとめ

かわいいだけじゃなくアウトドアでの実用性が高い、モーラナイフのエルドリス。

ナイフに興味はあるけど、いきなり大きいのは持ちたくないという人や、山の中で移動しながらちょこちょこナイフを使う機会がある人におすすめです。

 


モーラ・ナイフ Morakniv Eldris Standard (Red)

レッド以外のカラーも選べます。


モーラ・ナイフ Morakniv Eldris Neck Knife Kit (Red)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA