デカいのに軽やか「コールドスチールSRK」VG10の購入レビュー



こんにちは!のとむらです。コールドスチールといえば「マスターハンターサンマイ」が有名ですが、

同じく三枚打ちで、ブレードが長めの「SRK」というモデルもあります。

実際に使ってみたところ、大きいわりに軽くて操作しやすく、たびたび問題視されていたシースに入れたとき刃を潰してしまう不具合もなかったです。

 

COLD STEEL(コールドスチール)SRK VG-10

切れ味と耐久性を突き詰めたナイフが売りのコールドスチール。

こちらのSRKは、マスターハンターサンマイと同じ三枚打ちで作られていますが、デザインはだいぶ攻めた感じですね。

アメリカ軍の装備に採用された実績があるとかないとか。

威圧感がすごいです。でもカッコイイぃ〜

「三枚打ち」っていうのは、硬くて切れ味が良いかわりに割れやすい鋼材を、柔らかくて粘りのある鋼材2枚でサンドイッチする打ち方のことです。

日本刀の打ち方と一緒で、切れ味と耐久性のどちらも優れた刃になります。

パッケージはこんな感じ。なかなかカッコイイ。

こちらが本体。見た目はサバイバルナイフ寄りですね。

ハッキリとした「SRK」のロゴが全体をキュッと引き締めている感じがします。

反対側はこんな感じ。

ブレード形状は、万能型であるユーティリティーに近いかな?というところ。

刃厚は約5mm。ナイフとしては厚いほうです。

軽さの秘密は重心バランス

SRKは、刃長が約155mmで、重量が約215g。

データ上はそこそこ重いはずなんですが、実際に持ってみると軽く感じます。

おそらくフルタングじゃないからなのと、重心が中心部にあるからでしょう。

まるで手が延長されたような感覚で、操作性がバツグンに良いです。

こうして見ると、リーチの長さが際立ちますね。早くバトニングしたい(笑)

切れ味

それでは切れ味を見てみましょう。まずはコピー用紙から。

少し引っかかりを感じましたが、キレイに切れました。

続いてわりばしフェザースティック。薄く削れますが、カリカリと摩擦感があり、気を抜くとプチッと切れちゃいます。

ナイフとしての切れ味は良いほうですが、三枚打ちの威力を期待しすぎると、思ったより切れない印象を受けますね。

ではいよいよフィールドテスト。直径8cmほどの丸太をチョッピングしていきましょう。

ブレードが軽いので力任せにガンガン叩くより、力を抜いて手首のスナップを効かせ、切り込むようにやったほうが効率よく削れますね。

気のせいかもしれませんが、ハンドルの端を持ち、できるだけブレード先端に当てるようにすると威力も上がります。

見事、切断できました。

最後のほうは、丸太を地面に叩きつけてへし折りましたが(笑)

ナイフは楽をするための道具なので、いくらでもズルしてOKです!

続いてバトニング。

さっきの丸太は節だらけで堅くて無理なので、直径4cmほどの薪にチェンジします。

問題なく割れました。

ハンドルも、叩いたときの衝撃を和らげてくれて、なかなか良かったですね。

割った薪でフェザースティック。ここまで削れれば焚き付けには十分でしょう。

けっこう強めに叩きましたが、刃こぼれなし。

靭性も十分なようです。

ブレード鋼材

ブレード鋼材は芯材である「VG-10」を、柔らかい鉄で挟んだ三枚打ち。

VG-10は切れ味が長持ちして研ぎやすく、腐食にも強いのがメリット。

高級な部類には入りますが、めちゃくちゃ高級ってわけじゃないので、そこそこ気兼ねなく使えるんじゃないでしょうか。

包丁でも、ちょっと良いやつに使われていたりしますね。

バランスが良くて、個人的に大好きな鋼材です。

ハンドル材

ハンドル材は「Kray-EX(クレイEX)」

カッコ良さげな名前ですが、ぶっちゃけラバーみたいなもんですね。

滑りにくく握りやすいです。

手首をガードするヒルトも付いています。

シース素材

シース素材は「Secure-EX(セキュアEX)」

ガラス繊維が入った樹脂で、軽くて頑丈なのがメリット。

実際、大きいのに持ってみると軽いですね。

見た目もなかなかカッコイイです。

ボタン留めは外しやすく、かといって緩くもない、ちょうど良い感じ。

ベルトループはダラッとしていますが、ナイフをボタンで留めているときはシャキッとしてくれるので、あまり気になりません。

ナイフを数十回、出し入れしてみましたが、シースにこすれて刃がつぶれてしまうようなことはなかったですね。

シースに入れた状態もカッコイイ。特殊部隊の装備みたい。

デメリット

SRKは実用的で使い勝手が良いのですが、ハンドルを強く握って枝を削る作業をしていると、チェッカリング(滑り止めの凹凸)が手のひらに食い込んで痛くなります。

手袋をはめれば、だいぶ緩和されますが。

まとめ

では最後にコールドスチールのSRKが向いている人についてまとめます。

・ブレードが長いステンレスのナイフが好き
・バトニングもフェザースティックもこなせるナイフが好き

ほどほど耐久性があって、使いやすいナイフが欲しい人におすすめですね。

 


COLD STEEL アウトドアナイフ SRK ??ンマイlll VG-10 コールドスチール レスキューナイフ 登山 魚釣り フィッシングナイフ キャンプナイフ ハンティングナイフ 狩猟 サバイバルナイフ シースナイフ 刃物 渓流ナイフ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA