日本刀のようなナイフ!コールドスチールのサンマイとは?



こんにちは!のとむらです。世界一切れ味の良い刃物といえば日本刀ですよね。

しかし所持に許可がいるうえ、値段がめちゃめちゃ高いです。持ち歩いていたら職質は免れないでしょう。

そういった理由から、日本刀を持つことを諦めている人は多いと思います。

ところがどっこい!日本刀と同じ性質をもったナイフを作っている会社があることをご存知ですか?

その会社の名は「コールドスチール」。

今回は、キレッキレで有名な同社のナイフ、「マスターハンターサンマイ」を紹介したいと思います。

 

COLD STEEL(コールドスチール)マスターハンター サンマイⅢ刃

派手な名前に反して見た目がシンプルな「マスターハンターサンマイ」。

「三枚打ち」という、日本刀を作るときに用いられる手法で作られており、硬くて切れ味の良い鋼材の両サイドを、柔らかくて強度のある鋼材で挟み込んでいます。

硬すぎる鋼材は切れ味が良いかわりに、柔軟性がないので刃こぼれしやすいのですが、三枚打ちにすることで脆さをカバー。

高い切れ味と耐久性を両立させた、夢のようなナイフなのです。

刃長は107mmと、オールマイティーに使えるサイズ。重量は175gと少し重め。

片側にヒルトが付いており、ツルッと持ち手が滑ったときにここで止まりやすいので、ケガ防止に役立ちます。

刃が厚い

マスターハンターサンマイの刃厚は約5mmと、なかなかの厚さ。

フルタングではないのでバトニングは推奨されていないのですが、モーラナイフのコンパニオンヘビーデューティー(刃厚約3.2mmのナロータング)でも問題なくバトニングできたので、大丈夫かと。

重作業はもちろん、サイズ的に小回りが利くので、細かい作業にも向いています。

グリップが好評

マスターハンターサンマイのハンドル材は「Kray-Ex」。ちょっと聞いたことがない素材なのですが、ラバーに似たもので、衝撃に強いのだとか。

滑りにくいうえ片側にヒルトが突き出ているので、万が一滑ってもストッパーの役目を果たしてくれます。

グリップが良いナイフは使っていて楽しいですし、実用的です。

シースは不評

マスターハンターサンマイのシースはカイデックスなのですが、これがちょっと不評。

ナイフを出し入れするときに刃を擦ってしまうと、微細な傷が付くのだそうです。

よほど出し入れを気を付けるか、代用品となるシースを見つけるしかありません。

ファルクニーベンF1との違い

コールドスチールのマスターハンターサンマイはファルクニーベンF1というナイフに形がよく似ています。

値段も同じくらいなので、どっちを買うか迷う人もいるでしょう。

両者の大きな違いはエッジ形状とタング構造。

マスターハンターがフラットグラインドでナロータングなのに対し、F1はコンベックスグラインドのフルタングとなっています。

物を割る能力と耐久性はF1のほうが上ですが、物を切ったり削ったりする能力と研ぎやすさはマスターハンターサンマイのほうが上です。

見た目が似ているのに正反対の性質を持っているところが面白いですね。ナイフ奥深すぎ。

まとめ

恐ろしいほどに切れると評判のマスターハンターサンマイ。

日本刀の切れ味を体感したい人におすすめです。

良い感じの代用シースがあれば、ほとんど弱点がなくなりますね!

 


コールドスチール マスターハンター サンマイIII刃

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA