ビクトリノックスのロック付き人気モデル。ソルジャーナイフの切れ味



こんにちは!のとむらです。年明けて早々にマルチツールナイフを買いました。

ビクトリノックスのソルジャーCVALをモデルチェンジした、「ソルジャーナイフ」です!

そこで今回は、ビクトリノックス欲しいけど、どれを選んだらいいか分からんという方に向けて、ソルジャーナイフの特徴やら機能についてお伝えしたいと思います。

 

ビクトリノックス(VICTORINOX)ソルジャーナイフ

品質の高さで有名なビクトリノックスのマルチツールの一つ「ソルジャーナイフ」。スイス軍に正式採用されている、いわばアーミーナイフってやつですね。

機能は10種類。半波刃ナイフ、ノコギリ、缶切り、栓抜き、プラスドライバー、マイナスドライバー、リーマー、ワイヤーストリッパー、キーリングが搭載しています。

ハンドル全長は111mmで重量は136g。ナイフとノコギリの刃長は公表されていないので自分で測ってみたところ、刃が付いている部分だけで約80mmでした。

色がオリーブドラブなのがミリタリーっぽくて超気に入ってます。ただ最初に言っておくとおすすめできません(笑)

サイズと重量は普通のフォールディングナイフとほぼ同じ。

おすすめできないのに買った理由

おすすめできない理由として、マルチツールはナイフ以外ほとんど使う機会がないからです。(唯一おすすめできるモデルはクラシックAL。ちょっとしたものを切るのにちょうどいい)

銃刀法でマルチツールだけ対象外にしてくれればまた話は違ってくるのですが、キャンプや釣りでしか使えないとなると、普通のナイフを持って行ったほうが早いので。

じゃあなぜ買ったのかというと、機能がいっぱい詰まったところに男のロマンがあるからです。たとえほとんど使わないとしても、なんとなく所有したくなるアイテムなのですよね。

あと意味もなくカチャカチャするのが楽しい(笑)これだけでも買って良かったと思えます。

波刃ラージブレード

ではせっかくなので、ソルジャーナイフに搭載された機能を一つずつ見ていきましょう。

まずは波刃ラージブレードから。なんとこちら、2/3が波刃なのです。形状がパン切り包丁に似ているので、ギコギコと摩擦の力を利用して切断できます。

対する直刃部分は、リンゴの皮むきやフェザースティック作りなど、物を削る作業に最適。ビクトリノックスは質の良いステンレスを使っているので、最初から切れ味が良いです。

サムホールにより片手でのブレードオープンが可能。ライナーロックがかかるので、うっかりナイフが折りたたまれてしまう心配もありません。

反対側。ミラーフィニッシュ仕上げでキレイ。

ライナーロック部分。

手に持った状態。ほんとにフォールディングナイフと変わらん。

ノコギリ

じゃじゃーん、ノコギリ!これは期待していなかったのですが、思った以上に鋭利でズタズタした形をしています。

ちょっと太い枝や竹をを切断するにはちょうどいいですね。ただ、最初はバリがひどくて上手く切れないようです。何回か使ううちにいい感じになるとのこと。

なお、ロックは付いていません。

リーマー

木材に穴を空けたり、ガス缶のガス抜きをするのに便利。

前に読んだ雑誌では、解体して広げたアルミ缶にリーマーで穴をたくさん空けて、肉焼き用の網にしていた人がいたなぁ。

波刃ラージブレード、ノコギリの次に使う機会がありそうです。

そのほか

そのほかの機能については、使う機会がほとんどないと思うので、ざっくりと紹介します。

栓抜き&マイナスドライバー(5mm)

外でコロナを飲みたくなったときに便利。90度でいったん止まり、開ききるとロックが効きます。

ライナーロックがかかった状態。栓抜きは力がいるので、ロックが効くのは助かりますね。

缶切り&マイナスドライバー(3mm)&ワイヤーストリッパー

海外だと缶詰めを開けるのに缶切りが必要みたいなので、海外旅行では役立ちそうです。

プラスドライバー

またしてもドライバー。スイスの軍人さんはドライバーを使うことがよくあるのかな?武器の分解とかに必要なのかも。

キーリング

なぜこれを機能の一つにカウントしているのか納得がいきません(笑)ソルジャーナイフは本体が重いので、あんまり役に立たなそうです。

切れ味

では、ナイフの切れ味を見ていきましょう。まずはコピー用紙から。波刃部分によって切り口が荒れてしまいますが、普通に切れました。

続いて、わりばしフェザースティック。左が波刃、右が直刃で削ったものです。力なく薄く削れるのは直刃のほうでした。

でも波刃のほうもなかなか頑張っていますね。

波刃でダンボールも切ってみましょう。厚紙を直刃ナイフで切るとギギーッと耳障りな音が出ることがあるのですが、波刃だとそういった不快な音が出ることもなくスムーズに切ることができます。

これだけバラバラにできれば、燃やすごみに出せますね。

デメリット

・構造が複雑なので汚れが詰まりやすい

・携帯性が悪い

デメリットはこの2点ですね。ツールとハンドルの間にビミョーな隙間があるので、ここにゴミやらホコリやらが詰まります。

あとはベルトクリップやカラビナが付いていないので、身に付けるのは難しそうです。

まとめ

ビクトリノックスのソルジャーナイフはめちゃくちゃ便利というほどではないですが、ミリタリーアイテム好きな人であれば、なんとなく買っちゃいたくなるかもしれません。

いかにも最新技術!っていう感じじゃなく、無骨な風合いがあるところがたまらなく好きです。


VICTORINOX(ビクトリノックス) ソルジャーナイフ 保証書付 0.8461.MWCH 【日本正規品】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA