RovyVon「aurora a5x」レビュー。夜間行動で頼れる小型ライト



こんにちは!のとむらです。日々進化している懐中電灯。

最近では、手のひらサイズの小ささでも明るいLEDライトが一般的になってきました。

そこで今回は、最大650ルーメンの明るさを誇るRovyVonの「aurora a5x」を紹介したいと思います。

クリップで服に挟んでランタンのように照らせるので、夜間行動でめちゃめちゃ頼れるのです。

 

RovyVon(ロビーボン)aurora a5x 7075

中国に拠点を置くロビーボン。

こちらのaurora a5xはスケルトンな印象ですね。

重量は約15gと軽量で、手のひらに収まるほどコンパクト。

明るさは最大650ルーメン。

タクティカルライトの王道メーカーであるシュアファイアの「6px pro」に匹敵します。

使い方・機能

懐中電灯モード

ボタン2度押しで25ルーメンの光を照射。

その後はボタンを1回押すごとに400→650→3ルーメンと切り替わります。

3ルーメンは手元、25ルーメンは足元を照らせるので、普段使いはこれで十分でしょう。

400ルーメンは数メートル先までハッキリ見えるので、電灯が全くない夜道や障害物だらけの森でも安全に歩けます。

650ルーメンは圧倒的な明るさで、体感的には100メートル先まで光が届いているように感じますね。

夜道で車やバイクが故障してしまったとき、後続車に存在を知らせたりするのに役立ちそうです。(もちろん相手の目に当たらないよう、照らし方は配慮しなければいけませんが)

ランタン・赤色シグナルモード

ボタン3度押しで本体が黄色っぽく光ります。

17ルーメンから始まり、ボタンを押すごとに65ルーメン→赤色シグナルモード→赤色点滅シグナルモードへと切り替わっていきます。

ランタンといっても前方180度くらいを照らすので、本体の背を向ければ眩しくありません。

本体のクリップを服や帽子に取り付ければ両手が空くので、作業するときに便利です。

私は夜にバイクのカバーをかけるときや、ブッシュクラフトするときに使っています。

赤色シグナルモードは注意を引くので、車が通る真っ暗な道を歩くときに役立つでしょう。

フラッシュモード

消灯している状態でボタンを長押しすると、いきなり650ルーメンで照射されます。

護身用に使えるかもしれません。

仕様

・USB充電式で充電時間は約90分
・IP66(粉塵が内部に入らない。台風などの激しい雨に強い)
・蓄光素材

照射時間も耐久性も必要十分といったところですね。

蓄光はランタンを使い終わった後や、日光を浴びることでチャージされます。

鮮やかな緑色で、しばらく眺めていたくなるほどカッコイイ光り方です(笑)

明るさ

では実際に明るさを見てみましょう。

懐中電灯モード25ルーメン。

懐中電灯モード400ルーメン。

写真だと暗く見えますが、実際は白い壁に反射して眩しくなるくらい明るいです。

懐中電灯モード650ルーメン。

懐中電灯モード3ルーメン。

ランタンモード17ルーメン。

ランタンモード65ルーメン。

EDCにおすすめ

私はこちらのaurora a5xと、サブLEDライト、ナイフなしマルチツールを家の鍵に取り付けて、EDCとして毎日持ち歩いています。

家の鍵は本能的に目の届く場所に置くことになるので、必要になったときすぐに使えて便利です。

マルチツールのカラビナにくっ付けているので、簡単に分離できます。

 


RovyVon Aurora A5x 7075 Led充電式懐中電灯、赤信号ライト付き小型明るい懐中電灯、メモリモード、650ルーメン、家庭用および屋外用防水

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA