ペンタックスの8倍双眼鏡レビュー。使いやすくてレンズがかわいい



こんにちは!のとむらです。私は野鳥を見るのが好きで、ときどき日本野鳥の会のバードウォッチングイベントに参加したりします。

双眼鏡はそのとき貸してもらっていたのですが、そろそろ自分用のも欲しいなと思い、買いました。

そこで今回は、軽量コンパクトなペンタックスの8倍双眼鏡をレビューしたいと思います。

 

ペンタックス UCF R 8×21

カメラメーカーとして有名なペンタックス。

こちらの双眼鏡は、バードウォッチングに最適と言われている8倍率。

片手に収まるほどコンパクトで、重量は約210gと軽量です。

パッケージはこんな感じ。なかなかしっかりしていますね。

ロボットの瞳みたいなレンズがとてもかわいいです。

本格的なものだと700gぐらいあったりするので、なかなか軽量だと言えるでしょう。

ちなみに「UCF R」には新型の「UP」というモデルがあります。

こちらなんですが、デザインと重量はほぼ同じでありながら、よりクリアに見えるようになっているそうです。

使い方・機能

使い方はいたってシンプル。

上部中央にあるピント合わせリングと、右側のレンズにある視度調整リング、

この2つをグリグリして対象物に焦点を合わせます。

テキトーにいじっているだけで、なんとなく覚えられますし、分からなくても日本語付きの説明書があるので大丈夫です。

目幅の調整も可能で、動きがスムーズ。

メガネ対応

PENTAXの「UCF R」は低価格でありながら、嬉しいメガネ対応。

裸眼で見るときはこのように筒を引き出し、

メガネで見るときは筒を押し込みます。

実際にメガネをかけて試したところ、問題なく見えました。

私は超ド近視ですが、メガネを外せば裸眼でも見えます。

付属品

レンズの傷を防ぐ保護キャップに、

首にぶら下げるストラップに、

専用ケースが付いてきます。

これでひとまずバードウォッチングを始められますね。

見え方

日中に30メートルぐらい離れた木の上に止まった野鳥を見てみたのですが、明るくハッキリと姿形を確認できました。

レビューでは黄色っぽく見えるとも聞いていましたが、特にそうは感じませんでしたね。

バードウォッチング入門としては十分かなと思います。

物足りなくなったら上位モデルに買い替えれば良いだけです。

 


PENTAX 双眼鏡 UCF R 8×21 高倍率8倍 【高級プリズム Bak4搭載】【視界の隅々まで明るくクリア】【幅広いシーンで活躍】【疲れにくい・ラバーコート】【メガネの方も見やすい・スライド式接眼目当て】 【軽くてコンパクト】【1938年からはじまるペンタックス双眼鏡の歴史】【メーカー保証1年】 62209

 


ぱっと見わけ観察を楽しむ 野鳥図鑑

こちらは評価の高い野鳥図鑑。まだ持っていませんが、狙っています(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA