アウトドア用の財布は手荒に使えるモンベルの二つ折りがベスト!

こんにちは!のとむらです。

私たちが常に持ち歩くアイテムといえばお財布ですよね!革製の財布を好んで使っている人は多いのではないでしょうか?私もレザー大好きです!

ですが、革の財布は水濡れや汚れに弱いため、アウトドアには不向きと言えます。そこでおすすめなのがアウトドア用の財布。普段の財布と使い分けることで、財布へのダメージを気にすることなくアウトドアを楽しむことができますよ!

今回は、私が使っているモンベル製の二つ折り財布「ジップワレット」の紹介です。

 

mont-bell(モンベル)ジップワレット


二つ折りタイプのアウトドア用財布「ジップワレット」。ボックス構造の小銭ケース付きで、カードも収納できます。ジッパーで外側を締めることができるため、中身が飛び出してしまう心配もありません。

カラーバリエーションは全6種。価格はアマゾンで約1700円ですが、モンベルの公式オンラインショップではもう少し安く買えます。

サイズは9.5cm×12.5cm。重量は72gです。特別コンパクトではありません。

 

丈夫なナイロン素材


ジップワレットは330デニールのナイロン素材。水濡れに強く、多少の土汚れなら手で払えば落とせるため、アウトドアでの使用にぴったり。

かれこれ一年以上使っていますが、どこも破けていません。

 

普通の財布並みの収納力


ジップワレットは普通の二つ折り財布と同じように、お札入れ・カード入れ・小銭入れが分かれており、収納力はそれなりにあります。

ただ、いっぱい詰め込むとパンパンになってしまうので、カードは7枚程度に抑え、なるべく小銭を溜めないようにしたほうが良いでしょう。


お札入れ。


小銭ケース。

 

中身がつぶれにくい構造

ジップワレットは芯が入っているため、形がつぶれにくいです。ズボンのポケットに入れたまましゃがんでも、中のカード類が折れてしまう心配がありません。

私には忍者の血が流れているので、けっこう機敏に動くときがあるのですが、しっかりとついてきてくれるので非常に助かっていますね。(大嘘)

 

安いので汚れが気にならない

アウトドア用の財布は、高いものだと4000円以上もしますが、どう頑張ってもデザイン性は本革の財布に敵わないので、ここにお金をかけすぎるメリットはないと思うのですよね。

また、値段が高いと気兼ねなく使えないので、アウトドア用としてのメリットがなくなってしまいます。

その点で言えばモンベルのジップワレットは価格が二千円以下と、数あるアウトドア用財布のなかでも安く、そのうえ作りがしっかりしているので、汚れを気にせずガンガン使い倒せます。

 

夏用の財布としても便利

私は街中では革の財布をズボンのポケットに入れているのですが、夏場は汗が染み込むリスクがあるため、あまり長く入れておくことができません。

そのため、汗をかきやすい夏の季節だけはジップワレットを使うようにしてします。おしゃれなカフェとかでこの財布を取り出すのはさすがに周りの視線が気になりますけどね(笑)

私のように、革財布を愛用しているけど、どうしても鞄の中に入れておくことに抵抗がある人には、こういった使い分けがおすすめです。

 

デメリット

ジップワレットを使っていてデメリットに感じたことを箇条書きにまとめます。参考までにどうぞ。

・幅が狭く出来ているため紙幣が取り出しにくい

・小銭ケースがマジックテープ式なので音が目立つ

・中身が多いとパンパンになる

・完全防水仕様ではない

 

まとめ

ジップワレットはとにかく安くて頑丈なので、アウトドアでガンガン使えます。

モンベルの製品って全部が安いわけではないので、こういうコスパの良いアイテムが見つかると非常にテンションが上がりますね!


[モンベル] mont-bell ジップワレット 1123767 DKFS (DKFS)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA