氷が長持ちする水筒!クリーンカンティーンのワイドインスレート

こんにちは!のとむらです。レジャーや夏の熱中症対策に活躍する水筒。最近ではおしゃれなものから高性能なものまで、様々なタイプの水筒が売っていますよね。

私もむかし、会社で水分補給をするのによく水筒を持って行っていました。(当時は派遣社員で、オフィスに給湯室がなかったのだ!)

クリーンカンティーンというメーカーの水筒なのですが、これがなかなか優秀なので、紹介したいと思います。

 

klean kanteen(クリーンカンティーン)ワイドインスレートボトル 16oz


シンプルなデザインとロゴが特徴の水筒。こちらのモデルはワイドインスレートといって、飲み口が広いのが特徴です。

最大容量は473ml。500mlのペットボトルがギリギリ入るか入らないかの容量。

重量は248g。なかに水が入った状態だとそこそこ重く感じます。まあ、保冷機能のある水筒なのでそこらへんは仕方ないですね。

 

氷が入れやすい


クリーンカンティーンのワイドインスレートは飲み口が広いので氷がスッと入ります。

お店で買ったロックアイスもアイスピックで砕く必要がないのでたいへん便利です。

 

氷が長持ちする

クリーンカンティーンは保冷機能に優れており、氷がとっても溶けにくい。


ためしに炎天下のなか放置してみましょう。この日の気温は35度です。


3時間経過。少し溶けた程度で、ほとんど変化がありません。


5時間経過。さっきより溶けてしまいましたが、それでも2/3は残っています。


10時間経過。この頃にはだいぶ溶けて1/3ほどに。

検証の結果、5時間程度なら氷の大部分が残ることが分かりました。保冷機能としてはじゅうぶんですね。

 

外でウイスキーのロックを飲むのに最適

ウイスキー好きのなかには、スキットルを持参して外で飲む方もいると思います。

アウトドアで飲むウイスキーもまた格別ですが、スキットルだと基本的にストレートしか飲めません。

そんなとき、氷を入れたクリーンカンティーンの水筒とコップがあれば、外でもウイスキーのロックを楽しむことができます。

 

洗いやすい

こちらのワイドインスレートボトル16ozは、手がある程度入る広さなので洗いやすいです。ふつうのスポンジだと奥に届くか届かないくらいですが、私は中に泡と少量の水を入れた状態で上下に振って洗っていました。

試験管ブラシだったら余裕でガシガシ洗えるでしょう。

 

頑丈

これまでに何度か落としたことがあるのですが、特にへこんだりしませんでした。

さすがにひっかき傷ぐらいは付きますが、なかなか頑丈です。

 

デメリット:保温機能は少し弱め

デメリットをお伝えしておくと、クリーンカンティーンのワイドインスレートボトル16ozは、保冷30時間に対して、保温は10時間と短めです。

あたたかい飲み物を入れるのであれば、早めに飲みきるようにしたいところですね。

 

パッキンが取り外せない


パッキンはフタの裏に一体化しているため、取り外せません。そのため、かなり念入りに洗う必要があります。

私は水しか入れていなかったのですが、何度も水洗いだけで済ませていると、茶色い汚れが付着してしまうことがありました。

 

まとめ

水筒というのは使ってみるまで性能がわからないですよね。

今回の記事を水筒選びの参考にしてみてください。


Klean Kanteen(クリーンカンティーン) ワイドインスレート ボトル 16oz シェールブラック 19320012911016

 


Klean Kanteen(クリーンカンティーン) Klean Kanteen(クリーンカンティーン) ボトルワイドインスレート 12oz ブラッシュステンレス 19320012015012

こちらは12ozの小さめモデル。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA