ゆるミニマリストへの道7。やかんをスリムなキャンプ用クッカーに

こんにちは!のとむらです。ゆるミニマリストへの道も第7弾となりました。

今回は、やかんを捨てて、コンパクトなキャンプ用クッカーに替えたお話です。

以前使っていたやかん

もう捨ててしまったのでないのですが、以前はこのような普通のやかんを使っていました。

お湯を沸かすのになんら不足ない性能ではあったものの、ある程度サイズが大きいがゆえにどこにも収納できず、常にガスコンロの上に置きっぱなしの状態だったのですよね。

そんな扱いをしていたせいか、やかんの表面は油汚れでギトギト。注ぎ口付近はすっかり錆びついていました。しかもみなさんご存じのとおり、やかんの中ってめちゃくちゃ洗いにくい

これではあまりに不衛生だなということで、思い切って捨てることにしました

キャンプ用クッカーにチェンジ


やかんを捨てた後、やかん代わりに使うことにしたのがこちらのキャンプ用クッカー。

キャプテンスタッグというメーカーの「ラーメンクッカー」というものです。

本来はリフィルタイプのインスタントラーメンを作るためのクッカーなのですが、普通にお湯も沸かせます。容量は最大570ml。新潟県にある金物で有名な町、「燕三条」で作られているため、品質の良さはお墨付きです。

価格もアマゾンで約1200円と、日本製なのに超リーズナブル。

やかんの代わりとして新たに買ったわけではなく、私がもともとソロキャンプで使っていたキャンプ道具の一つです。


片手でかるがる持てるサイズ。取っ手は折りたためるので収納時にジャマにならない。

キャンプ用クッカーに替えたメリット


・コンパクトなので置き場所に困らない

・丸洗いできるので清潔

・カップラーメン、コーヒーぐらいならこれでじゅうぶん

・容量が少ないのでお湯が早く湧く

・一人分ぐらいのスープをこの中に直接作れる

・軽量カップとしても使える

キャンプ用クッカーをやかん代わりに使うメリットとしてはこんなところですね。

やはり清潔に保てるのがメリットとして大きいです。やかんはお湯を沸かすことにしか使えませんが、クッカーは鍋やカップとしても使えるので、用途の幅が広がります。

キャンプ用クッカーに替えたデメリット


・ピーッと音が鳴らないのでお湯が沸いたか分かりにくい

・加熱中は熱くなるので直接手で持てない

・注ぐときにこぼれやすい

・容量が少ないのでカップやきそばが作れない

・2人分のお湯が必要なときに不便

反対にデメリットはこんな感じ。やかんと比べると使いやすさは劣りますね。しかし、ちょっとした工夫をすれば、デメリットを半減させることも可能です。

まず、沸騰したかどうかの判断については、ゴボゴボと本体が揺れるので、何回か使っているうちに分かるようになります。本体が熱くなったときの対処法としては、フタはプライヤーでつかんで取り外し、取っ手はミトンや鍋敷きなどを挟んで持つ。

注ぐときはこぼれてもいいように広いスペースを確保し、お湯の量が足りないときは諦めて鍋を使いましょう(笑)


注いでいるときの様子。フタをしたままだと、こんな風にこぼれてしまう。


そんなときはプライヤーがあると便利。熱々のフタを容易に取り外すことができる。ちなみに私が使っているのはレザーマンの「フリースタイル」。ナイフとプライヤーのみというシンプルなマルチツールで、日常生活だけでなくキャンプでも活躍する。

まとめ

やかんを捨ててしばらく経ちますが、私はあまりインスタントラーメンを食べないこともあり、今のところ不便に感じていません。

というわけで、やかんのスリム化は見事に大成功を収めました!

キャンプ用品は家で使うと意外と便利なので、ぜひお試しください。


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ステンレス ラーメンクッカー570ml リフィル用 M-5512


LEATHERMAN ( レザーマン ) マルチツール FREESTYLE ケース無し 【日本正規品】 25年保証 LTJマーク入 FST

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA