砥石初心者におすすめ!スパイダルコなら研ぐの下手でも失敗しない

こんにちは!のとむらです。ナイフは使うたびに切れ味が落ちていくので、そのつど研がなくてはいけません。

しかし、研ぐのが下手だと切れ味が回復しないどころか、刃先がまんまるになって何も切れなくなります。

そんなとき、頼りになるのがスパイダルコ社の「トライアングルシャープメーカー」。

タイトルにあるように、どんなに手先が不器用で研ぐのが下手な人でも失敗しません。

Spyderco(スパイダルコ)トライアングルシャープメーカー

ナイフメーカーとしても有名なスパイダルコ社が販売している「トライアングルシャープメーカー」。

V字に設置された砥石が特徴的ですね。刃をこすって一時的に切れ味を取り戻すシャープナーとは違い、ちゃんと刃を削るので、砥石で研いだような結果が得られるとのこと。

水も油も使わないので、思い立ったらすぐに研ぐことができます。


サイズ的には長財布よりちょっと大きいくらい。この箱にすべてのパーツが収まるので、置き場所に困りません。


中を開けるとこんな感じ。黒っぽいのが中砥石。白が仕上げ砥石。金色のスティックはケガ防止に役立ちます。

ちなみに別売りで「超仕上げ用砥石」なんてのもある。

オピネルで検証


ではさっそく、手持ちのオピネルを研いで検証してみましょう。箱出し状態の切れ味はこんな感じ。お世辞にもよく切れるとは言えません。


やり方としては垂直に振り下ろし、刃の根元から先にかけて弧を描くようにして研ぎます。


刃の根本からのぉ~


垂直にスライドさせて刃先ぃ~

ためしに片側を10回ずつぐらい研いだ後、わりばしを削ってフェザースティックをしてみます。


切れ味が明らかに良くなりましたね!

めちゃめちゃ切れる!というほどではないですが、キャンプで使うにはじゅうぶんなレベルです。

本当に誰でも簡単に研げる

通常、砥石でナイフを研ぐときは、15度ぐらいの角度をキープし続けないといけないのですが、これがかなり難しい。

私はこれまでに何度も失敗し、ナイフをボロボロにしてきました。自分では角度を固定しているつもりなのですが、なぜか刃先がまん丸になってしまうのですよね。

しかし、このトライアングルシャープナーは違います。垂直に動かすだけなので、角度を一定に保ちやすい

研ぎが大の苦手な私でも、ここまでの切れ味を出せるので、本当に誰でも簡単に研げます。

ランスキーシャープナーデラックスキットと比較

誰でも研げる砥石といえば、ランスキーシャープナーも有名ですよね。(ブレードメディックじゃないほう)

どっちを買おうかと迷っている方もいるのではないでしょうか?

どちらも使ったことのある私としては、スパイダルコのトライアングルシャープメーカーのほうがおすすめです。

理由としては圧倒的に使いやすいから。

ランスキーのほうは油が必要で、ナイフを固定するための器具をセットするのに時間がかかってしまいます。

対するトライアングルシャープメーカーはナイフを固定することはできませんが、先ほどお伝えしたように垂直方向にしか動かさないので、フリーハンドでも問題なく研ぐことができるのです。油もいりませんし。

とことん余計な手間を省きたいのであれば、トライアングルシャープナーを買うべきでしょう。

デメリット

・刃の角度が30度と40度しか選べない

・エッジ形状をコンベックスに研げない

トライアングルシャープナーのデメリットはこんなところですね。

コンベックスはハマグリ刃とも言われ、割るのに特化した耐久性の高いエッジ形状。バークリバーの「ブラボー1」やファルクニーベンの「F1」などがそれにあたります。

コレクション目的ならコンベックスのナイフを買っても問題ないですが、実用ナイフとして使うのであれば、普通の砥石で研ぐ技術を身につけなければいけません。

まとめ

スパイダルコのトライアングルシャープメーカーを手に入れて、私のナイフ趣味はガラリと変わりました。

今までは研げないことがネックで、ナイフを買うにしても使うにしても、どこか消極的だったのですよね。

これからは研ぎの心配をすることなく、ナイフを思いっきり使い倒すことができます。


スパイダルコ トライアングル シャープメーカーDVD ナイフ


スパイダルコ シャープナー超仕上用砥石

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA