SOTOウインドマスター。標準ゴトクと別売りゴトクの違い



こんにちは!のとむらです。バーナーを作らせたら超一流のメーカーの「SOTO」。

「ウインドマスター」というモデルは風に強いのが魅力ですが、気になる点といえば、別売りゴトクはあったほうが良いのか?ということだと思います。

そこで今回は、別売りゴトクの必要性と、冬の火力にについて検証していきます。

 

標準ゴトクと別売りゴトクの違い

SOTOウインドマスターはゴトクが取り外せる仕様になっています。

本体と一体化されていないため、ゴトクだけが壊れた場合、本体ごと買い替える必要がないのがメリット。

標準では小さいゴトク。別売りで脚の長い「フォーレックス」と呼ばれるゴトクがあるのですが、結論から言うと別売りゴトクはあったほうが良いです。

なぜなら標準で付いてくるゴトクは小さいから。

上に載せるものがシェラカップくらいなら問題ないのですが、それより少しでも大きいクッカーになるとギリギリになってしまいます。

 

標準ゴトクを取り付けた状態。

 

別売りゴトクを取り付けた状態。

 

持ち運ぶときは、このように引っかけることができます。

クッカーを載せて比較

では実際にクッカーを載せて比較してみましょう。

標準ゴトクに「スノーピーク シェラカップ」を載せたとき。

 

別売りゴトクに「スノーピーク シェラカップ」を載せたとき。

 

標準ゴトクに「スノーピーク トレック900」を載せたとき。

 

別売りゴトクに「スノーピーク トレック900」を載せたとき。

まとめ

別売りゴトクは作りがしっかりしていて、クッカーを載せたときの安定性が高いです。

「シェラカップしか絶対に使わん!」という人なら標準ゴトクでも良いかと思いますが、2〜3人前の調理をしたいならフォーレックスは必須と言えるでしょう。

 


ソト(SOTO) マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター【専用4本ゴトク フォーフレックス/250パワーガス付き スタートセット】 SOD-310/SOD-460/SOD-725T キャンプストーブ OD缶用 シングルバーナー キャンプ ガス バーナー 火力が強い ソロキャンプ ツーリング BBQ 登山アウトドア 収納ケース付き 折り畳み式 防風

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA