シングルバーナーは風に強いSOTOウインドマスターで決まり!

こんにちは!のとむらです。私はソロキャンプをするとき、焚火や固形燃料などのアナログな方法で調理をすることを好んでいるのですが、薪が手に入りにくい場所や、風が強い日などはスムーズにいかないことがあります。

そんなときの最終兵器として用意したのがシングルバーナー。そこで今回は、強風をものともせず高速でお湯が沸かせる、SOTO製シングルバーナー「マイクロレギュータ―ストーブ ウインドマスター」を紹介したいと思います。

 

SOTO(ソト)マイクロレギュータ―ストーブ ウインドマスター SOD-310


SOTOはアウトドア用のバーナー、ランタン、調理器具を多く作っているブランドで、特にバーナーにおいてはグッドデザイン賞を受賞するほど優れた製品を輩出しています。

今回ご紹介するのは、2013年度グッドデザイン賞を受賞したシングルバーナー「マイクロレギュータ―ストーブ ウインドマスター」。ちょっと名前が長いのでここからはウインドマスターと呼ぶことにします。

バーナー本体の収納時サイズは幅47mm×奥行51mm×高さ88mm。重量は67g(バーナー本体+標準のゴトク)

数値だけ言うと分かりにくいのですが、手の平から少しはみ出るくらいのサイズだと思って下さい。本体は他メーカーのものと比べても軽量なほうですが、一緒に必要となるガス缶が結局重いので、あまりメリットは感じられません。

最大火力は2800kcal/h。燃焼時間は「SOTO パワーガス250トリプルミックス SOD-725T」使用時で約1.5時間。「SOTO パワーガス105トリプルミックス SOD-710T」使用時で約0.68時間です。

ちなみにこの2つのガス缶、内容量が2倍以上も違うのに価格が数十円しか変わりません(どちらもほぼ500円)


標準付属の収納ケースに入れた状態。嬉しい黒のナイロン素材。

 


ついでに言うとパッケージもカッコイイ。

 

とにかく風に強い


このバーナーの最大の特徴は、風に強いことです。バーナーヘッド部分が、すり鉢状の構造になっており、横風にあおられにくくなっています。

私も実際に、風が強い日の海岸で使ってみたのですが、500mlほどのお湯も5分ぐらいで沸きました。炎の先がちゃんとコッヘルの底にあたるのですよね。また、寒さにも強く、外気温マイナス5度であっても火力が落ちにくいとのこと。

あるYOUTUBEの投稿動画では、寒くて風が強いという状況下のなか、火力3600kcal/hを誇るPRIMUS(プリムス)の「P-153 ウルトラバーナー」と、どちらが早くお湯が沸かせるかという対決で見事勝利していました。

プリムスのウルトラバーナーはシングルバーナーのなかでも有名なので、それに勝つのはすごいことです。

 

炎が縦にまっすぐ伸びる

炎の出方も特徴的です。他メーカーのバーナーのように横に広がるのではなく、縦方向にまっすぐ伸びる一点集中砲火式。炎がすべて対象物にあたるのでエネルギーにムダがありません。


弱火。

 


中火。

 


火力最大。もはや火炎放射器です。あとで計ったら火柱が30cmはありました。

 


ちなみに点火方法は圧電点火方式。つまみを回してガスを出した状態で、この赤いスイッチを押すと点火します。

自動で点火するのがメリットですが、標高の高い場所や風の強い状況ではなかなか点火しないこともあるそう。備えとしてライターやマッチを持っておきましょう。

 

別売りゴトクがちょっと厄介


ウインドマスターには標準付属の「トライフレックス SOD-461」というゴトクと、別売りの「フォーフレックス SOD-460」の2種類あり、ここらへんが少し厄介です。(写真左はトライフレックス。右はフォーフレックス)

違いを説明しますと、トライフレックスは3本脚で、フォーフレックスは4本脚かつリーチが長めになっています。フォーフレックスのほうが脚が多くて長いぶん、上に調理器具を載せたときの安定性が増します。

これを必要とするかは個人の判断によると思いますが、アマゾンだとフォーフレックスのゴトク付いたお買い得セットがあるので、別々で買うより安く済みます。

ちなみに私は、後で長さが足りなくなるのが嫌だったので、最初からフォーレックスとのセット品を買いました。これに関してはホント、最初からフォーフレックスを標準にすればいいのにって思います。


トライフレックス装着時。

 


フォーフレックス装着時。

 


トライフレックスに、キャプテンスタッグ製のラーメンクッカーを載せた状態。ゴトクの先端が1cmはみ出るか出ないかぐらい。

 


フォーフレックスの場合。ゴトクの先端がじゅうぶんにはみ出ており、クッカーが少しずれても大丈夫そう。

 

湯沸かし時間を計測


お湯が何分で沸騰するか検証してみました。この日の室内の気温は8度。無風状態ですが、手がかじかむほどの寒さです。水量600mlを中火にかけます。


点火!検証に使うのはスノーピークの「トレック900」。標準ゴトクのトレイフレックスにギリギリ載せられます。フタをかぶせた状態で行います。

 


炎がきっちり底面にあたっていますね。

 


開始から6分を少し過ぎたあたりで沸騰しました。なかなか早いのではないでしょうか。強火にするか、水量を減らせばもっと早く沸きそうですね。

 


せっかくなのでインスタントのお吸い物を作りました。冷えた体が温まります。

 

デメリット

ウインドマスターのデメリットをまとめます。風に対する強さは申し分ないですが、ゴトクが付け外しするタイプというところに、やや難がある印象です。

・標準のゴトクでは安定性が弱い

・本体とゴトクの付け外しがやりにくい

・ゴトクが薄くて華奢な感じがする

・圧電点火方式のため、高地や風の強い状況ではライターやマッチが必要になる場合がある

・弱火にしすぎると風で消えてしまうことがある

 

まとめ

風が強い日でも強力な火力が出せるシングルバーナーはとても頼りになります。

ソロキャンプのときは、あえて非効率なやり方で火をおこして楽しむのもオツですが、誰かと一緒にするキャンプでは相手の待たせる時間も考えなければいけませんよね。

こういう便利な道具も状況に応じて使い分けたいところです。


ソト(SOTO) マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310

こちらは最も安い、標準のゴトクが付いたもの。

 


ソト(SOTO) マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター&フォーフレックスセット SOD-310/SOD-460

本体+標準ゴトク+別売りゴトクのお買い得セット。

 


ソト(SOTO) マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター【専用4本ゴトク フォーフレックス/250パワーガス付きお買い得スタートセット】 SOD-310/SOD-460/SOD-725T

本体+標準ゴトク+別売りゴトク+ガス缶のセット。ガス缶をアマゾンで単体で買うと配送料が高くつくので、すぐに使う予定があるのであればおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA