煙が出ない薫製器。トーセラム鍋で燻製を作ってみた結果



こんにちは!のとむらです。料理をする習慣がなくても、ときどきむしょうに作りたくなる燻製。

室内で作るにあたって気になるのが「煙」と「ニオイ」ですよね。

そこで、煙がほとんど出ないと言われている、トーセラム鍋を買ってみましたのですが、煙はほとんど出ず、ニオイは多少出る程度でした。

壁紙が汚れるか不安な人は、いきなり毎日使い出すのではなく、ちょっとずつ様子を見ながら使っていくのがおすすめです。

 

トーセラム鍋 お手軽燻製鍋 スモークチップ5袋入り

セラミック製の燻製鍋。

サイズは直径25.5cm×高さ15cmx深さ5.8cm。感覚としては片手鍋より一回り大きい感じです。

重量は2kg。土鍋タイプよりは軽いですが、落とすと割れる危険性があるので注意。

セット内容はこんな感じ。

高さの違う金網が2つあり、重ね合わせて2段にすることができます。もちろん、上下どちらかだけにすることも可能です。

燻製を作ってみる

トーセラムお手軽燻製鍋の説明書には、スモークチップが約25g必要と書かれています。

付属のスモークチップが50g×5袋なので、最初から10回は燻製が作れる計算になりますね。

チップが焦げ付くと洗うのが大変になるので、アルミホイルを敷くのがおすすめ。

下段にウインナー、上段にチーズとうずらの卵を載せます。

コンロに火をつけて、煙が出始めたらフタをします。このフタは密閉力が高く、煙がほとんど出ません。

ただ残念なことに、中の様子を見るためにフタを開けると煙が漏れてしまいます。一瞬だけ確認するだけなら、むせるほどの煙は出ませんが。

火を止めた後もしばらく煙が出るので、3分ぐらい放置してからフタを開けました。

おいしそう。

キンキンに冷えたビールと一緒にいただきます。チーズはちゃんとスモーキーでしたが、ウインナーとうずらの玉はよく分かりませんでした。わたしの腕が未熟なのかもしれません。

空焚きで蒸し料理が可能

トーセラムお手軽燻製鍋は、チップを入れないで空焚きすることができます。

じゃがいもやさつまいもを蒸したいときに便利ですね。

注意点として、鍋が濡れていたり、水に浸け置きして水分を吸ってしまうと、空焚きしたときに割れてしまう可能性があります。

なので浸け置きは絶対NGです。使い終わったらすぐに洗いましょう。

デメリット

・金網を2段にすると脚が干渉するので、下段に面積が広い食材が載せられなくなる

・金網の脚が弱くて折れやすいらしい

・水に浸け置きができない

・温度計を差し込む穴がない

・ミトンをはめた状態だとフタがつかみにくくなる(とはいえ火傷防止のため必須)

・洗っても汚れを完全には落とせない

・使用後、鍋にスモークのニオイが残る(室内のスモーク臭さは2〜3日で消えました)

デメリットはけっこうありますね。「いぶし銀」などの本格的な燻製鍋に比べると、作りがちょいちょい雑かなと思います。

まとめ

トーセラムお手軽燻製鍋は、煙が出ないタイプとしてはそこそこ値段が安く、2〜3人分の食材は載せられます。

試しに燻製をやってみたい人に良いのではないでしょうか。

ちなみにわたしは、部屋の中がスモーク臭くなるのわりと好きです(笑)

 


トーセラム鍋 お手軽燻製鍋 スモークチップ5袋入り TSP/PN-31D5

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA