年間10人とバトルする私が教えるわざと肩をぶつけてくる男性の特徴

こんにちは!のとむらです。人混みの街中や電車内でわざと肩をぶつけてくる男っていますよね。

私はビビりでやられても何も言えないタイプなのですが、あまりに悪質なときは怒るので、年間10人以上のクソ野郎とトラブルになっています。

そこで今回は、私と同じようによく肩をぶつけられて困っている方にむけて、奴らの特徴やら心理をお伝えしたいと思います。

 

 

わざと肩をぶつけてくる理由

結論から言うと、うっぷん晴らしです。

急いでいたから、通行の邪魔だったからという理由も考えられますが、それらは奴らが暴力をふるうための大義名分にしかすぎません。

真っ当な人は急いでいてもヒョイヒョイと避けていきますからね。もしくは一言「すみません通してください」と言ってくれます。

 

弱い人だけ狙う

以前ニュースで女性にわざとぶつかる男の動画が取り上げられ話題になりましたね。

女性だけを狙う輩がいることに驚きでしたが、あんな感じで奴らは自分より弱そうにみえる人だけを狙ってぶつかってきます。

男性の場合は、優しい顔だちで体が細く、スーツを着ていると狙われやすいです。これまさしく私のことなのですけどね(笑)

ヤンキーやマッチョ相手には、ボコボコにされる危険があるので何もしてきません。逆らえない人間がこの世に一人でもいるのなら、弱者相手にも偉そうにしないでほしいものです。

 

自然を装って攻撃してくる

わざとぶつかってくる奴らですが、あくまで偶然ぶつかったかのように見せかけてきます。

攻撃パターンは肩をぶつける、足をひっかける、鞄で殴るなど。

あからさまなパンチやキックはしてきませんが、当たる直前に上手く肩を振り回してほぼパンチのような打撃をお見舞いしてくる輩もいます。

なぜそのような攻撃をするのかというと、警察に捕まるを恐れているから。暴行罪が成立しづらいギリギリのラインで危害を加えるためです。

本当に喧嘩が強い人の特徴。頭と体の構造が凡人と全くちがう!

2018年6月29日

 

反撃されると逆ギレする

奴らは文句を言わなそうな人を狙ってぶつかってくるので、反撃されるなんて微塵も思っていません

そのため、思わぬ反撃を受けると、それを理不尽な出来事と捉えて逆ギレしてきます。

 

最後は自分の攻撃で終わらせたがる

奴らは反撃するともう一度攻撃をしかけてきます。

自分より格下だと思い込んでいた人間に刃向われたままではプライドが許さないからです。

より多くダメージを与えたほうが勝ちという考えがあるらしく、最後は自分の攻撃で終わらせたがります。

 

罪を認めない

奴らは故意にぶつかってきたことを注意すると、「やっていない」と平気で嘘をつきます。認めると暴行罪が成立してしまうからです。

なかには「先にそっちがやってきたんだろ!」と言いがかりをつけてくる者もいるので、ほんと頭おかしいです。

そいつらが普通に、常識ある社会人として会社に勤めているかと思うと寒気がしますね。

 

わざと肩をぶつけられたら通報を!

わざと肩をぶつけられた場合、一番良い対処法は通報することです。

なかなか立件には至らないそうですが、相手をビビらせるにはじゅうぶんな効果を発揮すると思います。

通報する人が増えれば、輩はおのずと減っていくでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA