年間10人とバトルする私が教えるわざと肩をぶつけてくる男性の特徴と対処法



こんにちは!のとむらです。人混みの街中や電車内でわざと肩をぶつけてくる男っていますよね。

私はビビりでやられても何も言えないタイプなのですが、あまりに悪質なときは怒ってしまうので、年間10人以上のクソ野郎とトラブルになっています。(最近はだいぶ減りました)

そこで今回は、私と同じようによく肩をぶつけられて困っている方にむけて、奴らの特徴やら心理をお伝えしたいと思います。

 

わざと肩をぶつけてくる理由

うっぷん晴らし、もしくは自分のほうが上だということを示してマウンティングを取るためと思われます。

急いでいて通行の邪魔だったからという理由も考えられますが、それらは奴らが暴力をふるうための言い訳にしか過ぎません。

真っ当な人は急いでいてもヒョイヒョイと避けていきますからね。もしくは一言「すみません通してください」と言ってくれます。

特徴1:自分より弱そうな人を狙う

以前ニュースで女性にわざとぶつかる男の動画が取り上げられ話題になりましたね。

女性だけを狙う輩がいることに驚きでしたが、あんな感じで奴らは自分より弱そうにみえる人だけを狙ってぶつかってきます。

男性の場合は、優しい顔だちで体が細く、スーツを着ていると狙われやすいです。

まさしく私がそうなんですが(笑)

反対に、自分より強そうな相手にぶつかっていく人は見たことないですね。

逆らえない人間がこの世に一人でもいるのなら、弱者相手にも偉そうにしないでほしいものです。

特徴2:偶然を装って攻撃してくる

わざとぶつかってくる奴らですが、あくまで偶然ぶつかったかのように見せかけてきます。

攻撃パターンは

肩をぶつける
足をひっかける
鞄で殴る
・押す

あからさまなパンチやキックはしてきませんが、肩が当たる直前に勢いをつけて打撃をお見舞いしてくる輩もいます。

なぜそのような偶然を装った攻撃をするのかというと、警察に捕まるのを恐れているから。

暴行罪が成立しづらいギリギリのラインで危害を加えるためです。

本当に喧嘩が強い人の特徴。頭と体の構造が凡人と全くちがう!

2018年6月29日

特徴3:反撃すると逆ギレして襲ってくる

奴らは文句を言わなそうな人を狙ってぶつかってくるので、反撃されるなんて微塵も思っていません

そのため思わぬ反撃を受けると逆ギレします。私が実際に遭ったのは次のパターンです。

・睨んで「なんだてめえコラ?」などと文句を言ってくる

・反射的に掴みかかってくる、殴ってくる

・「お前が先に仕掛けてきたんだろ!」などと妄言を吐いた後、駅員や警察を呼ぼうとする

散々ですが、まだいいほうです。中には殺されてしまったり、後遺症が残るケガを負わされた人もいるますので。

特徴4:罪を認めない

肩をぶつけられて言い合いになったり、警察が駆けつけてくるような事態になった場合、奴らはほぼ100%罪を認めません。

認めると暴行罪が成立してしまうからです。

私の場合は、先に仕掛けてきた相手に警察を呼ばれ、「俺は何もしてないのにいきなり投げ飛ばされた!」と訴えられたことがあります。

では対処法は?

わざと肩をぶつけられた場合、一番相手にダメージを与えられるのは通報することですが、こちらも時間を取られてしまうので現実には難しいかなと思います。

私の場合は、喧嘩になったりケガしたり、通報されたり慰謝料払ったりを経験し、

色々と悩んだ結果・・・避けることに決めました!

仮にね、やり返したとしてもスッキリしないんですよ。なぜか。

最初のうちは負けた感じがして悔しかったのですが、最高に好きだと思える趣味を見つけたら気にならなくなりました。

今では趣味のことで頭いっぱいになりながら突っ込んでくる輩を避けています。

肩ぶつけられトラブルで悩みを抱えている方はぜひ、没頭できる趣味を見つけてください。

できれば副業や本業、出会いに繋げられる趣味のほうがモチベーション上がるのでおすすめですね。

時間取られるのが勿体なさすぎて、輩とか本当に相手にできなくなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA