ウイスキー初心者におすすめの銘柄「ジャックダニエルブラック」

こんにちは!のとむらです。国産ウイスキーがどんどん値上がりして手がつけられない状態になっていますね。ウイスキーが大好きな私にとって、これは由々しき事態なのですが、幸いそこまでジャパニーズウイスキーに興味がないので、今のところ平穏なアル中ライフを送ることができています。

さて、本題に入りますが、「ウイスキーをこれまで飲んだことがなかったけど飲んでみたくなった」、「ウイスキーを覚えたいけどどこから手をつけていいか分からない」といった方は多いと思いのではないでしょうか?

そこで今回は、知っていると得するウイスキーの知識と、私が初心者におすすめするウイスキーについてお伝えしていきます!

 

ウイスキーとは

ビールを蒸留したものがウイスキーです。度数はだいだい40度前後。糖質ゼロで低カロリーなため、最も太りにくいお酒と言われています。

これ以上のうんちくは覚えなくても大丈夫。なぜならウイスキーが好きな人って実はそんなにいないから(笑)日本酒やワインと違い、うんちくをたれる相手を探すのも一苦労です。

 

世界5大ウイスキー

これは覚えておいても損はないので、ざっくりと説明しましょう。ウイスキーは大きく5つに分かれています。

・スコッチウイスキー(スコットランド産)

・アイリッシュウイスキー(アイルランド産)

・アメリカンウイスキー(アメリカ産)

・カナディアンウイスキー(カナダ産)

・ジャパニーズウイスキー(日本産)

どうやって分類されているのかというと、単純に産地で決まります。製法などの違いは関係ありません。

そして今おかしなことになっているのがジャパニーズウイスキー。世界的な賞を数々受賞するほどの高評価&NHK朝ドラ「マッサン」によるウイスキーブームのダブルパンチによって、値段の高騰が止まらない状態になっています。

これを聞くと「日本のウイスキーってそんなにすごいの?」って思うかもしれませんが、私からしたら海外のウイスキーと大差をつけるほどではないという印象です。

たしかにおいしいと言えばおいしいのですが、「山崎」も「竹鶴」も渋味があって飲みやすくはないのですよね。ただ、「響」は飲みやすくてコクがあって他にはないおいしさがあります。

 

おすすめはアメリカンウイスキー

これからウイスキーを始めるにあたり、5大ウイスキーの中からチョイスすることになるのですが、初心者におすすめなのはアメリカンウイスキー。バーボンとも呼ばれています。

なぜかと言いますと、甘味があってビリビリして飲みごたえがあるからです。語彙力がなくてすみません(笑)なんていうか、ウイスキーとしてバランスが良いのですよね。特別飲みやすくないけど、飲みにくくもない。

しっかり味わいたい人はストレートやロックで飲めばいいし、反対に飲みやすくないとダメな人はロックにした後に氷をある程度溶かせばいいだけなので、簡単に調整ができます。

 

予算

全ての銘柄を飲み比べたわけではないのですが、基本的に700mlあたり2000円以上のものであれば、おいしいです。

「ジムビームホワイト」など、千円台のものはあまりおいしくないので、最初に買うのはやめておきましょう。下手をするとウイスキーが嫌いになってしまう可能性があります。

ちなみに千円台のものはハイボールにして飲むのがおすすめです。炭酸で薄まるのでごまかしが効くのですよ(笑)居酒屋の飲み放題に出てくるウイスキーって大体がこういう安物です。

 

ジャックダニエル ブラック

アメリカンウイスキーも数多くありますが、初心者にダントツでおすすめできるのは「ジャックダニエル ブラック」。ウイスキーを飲んだことがなくても知っている人は多いのではないでしょうか。700ml約2200円とお手頃価格なうえ、コンビニやスーパーなど、比較的どこでも手に入ります。

味に関しては先ほどお伝えしたように、甘みがあってビリビリして飲みごたえがあります。おすすめの飲み方はロック。最初は氷をあまり溶かさずにほぼストレートのように飲んで、少しずつ氷を溶かして甘みを堪能していきましょう。

夏目先生が2人必要になるので、いざ買うと高く感じるかもしれませんが、シングル一杯(30ml)に換算すると約100円です。350ml缶の発泡酒を飲むのと、そんなに大差がないことが分かると思います。

ちなみにこちらのジャックダニエル、正確に言うとバーボンではありません。製法はほとんどバーボンと同じなのですが、テネシー州で作られているため、テネシーウイスキーと呼ばれています。バーボンよりも甘みが強いのが特徴です。

バーボンと間違われやすいため、スーパーなどではバーボンと表記されていることがあります。また、バーに行ったときにジャックダニエルのことをうっかりバーボンと言ってしまうと、バーテンダーさんがすっ飛んできて「テネシーです!」とかなり強めに指摘されるので気をつけましょう(笑)

 

ウイスキーは日持ちする

ウイスキーは日本酒やワインと比べ、劣化しにくいタフなお酒です。開封してから1カ月以内であれば、おいしく飲めると言われています。保管方法としては直射日光の当たらない涼しいところに置いておけばOKです。

より劣化を防ぎたい場合は、ボトルキャップに「パラフィルム」というテープのようなものを巻き付ける方法があります。個人的にはそこまでしなくてもいいかなと思いますが。むしろこのタフさを体感してほしい。

 

まとめ

ウイスキーはアルコール度数が高く、一日の適量はシングル2杯(60ml)までと言われています。また、ストレートやロックなどの濃いめで飲むと、舌・喉・内蔵などをヒリヒリと痛めてしまうので、必ずチェイサー(水や牛乳)と交互に飲むようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA