タオルやアイマスクで目を温めるのが面倒な人におすすめの方法



こんにちは!のとむらです。スマホやパソコンの使いすぎで目が疲れがちな現代人。

私も仕事ではパソコンを使い、移動中はスマホをいじってばかりなので毎日充血です。(これがほんとのリア充。なんつって)

蒸しタオルやホットアイマスクなど、疲れ目をケアするグッズは色々ありますが、加減を間違えるとやけどする危険があるので、扱いが楽とは言えませんよね。

そこで今回は、グッズなしで簡単に目を温める方法をお伝えしたいと思います。

 

グッズなしで目を温める方法

1.熱めのお風呂に入る(42度くらい)

2.片手をお椀の形にしてお湯をすくう

3.すくったお湯を片目にあてる(2秒くらい)

手順はたったのこれだけです。まあ誰にでも思いつきそうっちゃ思いつきそうですが(笑)

目にあてたお湯は数秒でぬるくなってしまうので、手順2〜3を繰り返し10回ぐらい行なうと良い感じに目が温まります。

もちろんもう片方の目を温めるのも忘れずに。

目を温める効果と冷やす効果

目を温めると、血行が良くなって疲労物質が排出され、まぶたの筋肉がほぐれるそうです。

これが目の疲れがとれるメカニズムだったのですねー。

ただ、目が充血しているときは冷やしたほうが良いみたい。

疲れ目&充血の私はどうすれば・・・(笑)

この場合は、いったん冷やして目の充血を解消してから、温めたほうが良いのかもしれません。

目を使える時間は限られている?

とあるプロゲーマーの人が言っていたことなのですが、目というのは情報処理をする役割を持っていて、その日に処理できる情報量が決まっているらしいです。

限度を超えてしまうと、休憩を挟んだとしてもなかなか回復しないのだとか。

これが本当なら、視力も節約したほうが良いってことになりますね。

ちなみにそのゲーマーさんは、目に映る不要な情報を捨てることで対処しているようです。

まとめ

人の平均寿命は伸びていますが、スマホやPCの普及によって、目の健康寿命は縮まっている気がする今日この頃。(上手いこと言ったつもり)

こまめに疲れ目ケアをして、無意味にスマホを見たりネットサーフィンしないようにしなくては!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA