コンパクトで安い!冒険感が味わえるビクセンのオイル式コンパス

こんにちは!のとむらです。

方位磁石としてのコンパスといえばSILVA(シルバ)が有名ですよね。品質が優れているとのことですが、いかんせん値段が高いです。

そこでコスパ良いもの好きの私はこんなものを見つけました。

Vixen(ビクセン) コンパス オイル式 ルーペ付き クリア 42025-4

コンパスといえば定規が付いているタイプが多いですが、こちらはまるーいコンパス部分だけを残したようなデザインが特徴的。

定規がないぶんコンパクトになっているので、衣服のポケットに入れやすくなっています。黄色の紐は最初から付いていますが、邪魔だったら取り外すことも可能です。

重量は50g。サイズは高さ45×幅45×奥行18mm 。価格はアマゾンで約1000円と、なかなかリーズナブルです。

シルバ製だと安くても4000円はしますからね。とりあえず山登りをしたいけど、今後趣味として続けられるか分からない方にちょうどいいのではないでしょうか。


ダイヤルは回せるようになっている。

単体でも使える?

コンパスは地図とあわせて使うのが基本ですが、単体でも役に立つ場合があります。

わたしは以前、鎌倉アルプスに山登りしたとき、方角を確かめるのに使いました。

自分が正しい方角に向かっているか分かるだけでも安心できるのですよね。

あとは冒険している雰囲気が味わえるから持っていきたいというのもあります(笑)

ルーペ機能つき


このコンパスを買った理由として、ルーペ機能が付いていたというのも大きいです。

ルーペは太陽の光を利用して火を起こせますからね。もちろんマッチやライターのように簡単にはいかないと思いますが、いざというときに持っておくと心強いです。

デメリット

私の使い方が悪いのだと思いますが、電車移動したあとに指針が真逆を向いてしまうことがありました。

思わぬところで狂うので、使う前に地図と照らし合わせることをおすすめします。

あとは、ルーペの見え方がぼんやり気味でそれほど倍率が良くありません。

私は火おこし目的なので別段かまいませんが。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

コンパスはアウトドア以外でも、風水などが好きな方は、家のなかの方角が瞬時に分かるので便利かもしれませんね。


ビクセン コンパス オイル式 ルーペ付き クリア 42025-4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA