ビクトリノックスナイフで唯一のおすすめは「クラシックAL」

こんにちは!のとむらです。赤ハンドルに十字のマークが印象的なマルチツールナイフ、「ビクトリノックス」。

アウトドアショップや東急ハンズなどで見かけたことがある人は多いのではないでしょうか。

便利な機能がいっぱいあるので、さぞキャンプや登山で活躍すると思われがちですが、実際はそうでもありません。

というのもビクトリノックスのマルチツールは、基本的にかたくて取り出しづらいんですね。ツールによっては爪が割れたりします。

さらにナイフにロックが付いていないモデルとなると、指をはさむ危険があって怖いです。私はそれでも好きなので3本も持っていますが(笑)

というわけで今回は、私が持っているなかで唯一おすすめできる「クラシックAL」というモデルを紹介したいと思います。

 

ビクトリノックス クラシック AL


ビクトリノックスのラインナップで最もツールの数が少なく、最もサイズが小さい「クラシック AL」。

機能はナイフ、はさみ、マイナスドライバー、爪やすり、キーリングの合計5つ。

「おいおいキーリングって機能か!?」とつっこみたくなりますが、そこは置いておきましょう。

サイズは長さ58mm×高さ6mm。重量は17gと超軽量。

ハンドルはアルミ素材。買ってから10年以上経つのですが、状態が良いのはアルミのおかげかもしれません。

ちなみに似たモデルで「クラシック SD」というものがあり、そちらにはピンセットとつまようじが付いていますが、個人的には不要な機能だと思っています。

特につまようじの存在が不衛生すぎて許せねえ。


USBメモリーと同じくらいの大きさ。

では次に、それぞれの機能についてみていきましょう。

ナイフ


薄くて刃長が短いので木を削ったり、料理の食材を切ったりするのは不向きですが、ちゃんとしたナイフメーカーなので切れ味は良いです。

釣り糸、ハンドタオル、洋服などに付いてるタグファスナーが切れます。

コピー用紙もザグザグと切れるので、ペーパーナイフ代わりとしても役に立つでしょう。

アルミ缶は試してみたのですが、重みが足りないようで切れませんでした。

少し持ちにくいが、えんぴつも削れる。

 

ちなみに鋼材はステンレス(企業秘密っぽいので、詳細は不明)なので、ある程度サビに強いです。

はさみ


精密に切りたい場合は、このはさみでカット。

スプリングがすぐにへたってしまいますが、買ってから10年ほど経つ今も一応機能はするのでギリギリ合格点といったところ。

マイナスドライバー&爪やすり


マイナスドライバー兼爪やすり。

マイナスドライバーのほうはネジがあえば普通に使えます。

爪やすりのほうは研ぎに失敗してボロボロにしてしまったモーラナイフ(炭素鋼)の錆び落としの際に大活躍してくれました。

 

袖にポケットが付いた服と相性が良い

ミリタリーっぽい上着で、袖にポケットがついているものがありますよね。あれとの相性が非常に良いです。

オピネルとかだと見た目がボコッとなってしまいますが、クラシックALなら小さくて薄いので見た目もおかしくならないし、取り出しやすいです。

釣りに便利

見て分かると思いますが、クラシックALはキャンプでやるような薪割りとかフェザースティック作りには使えません。

有用性がある場面といえば釣りですね。

余った釣り糸を切ったり、袋の封を切ったりとか。小さいのでうっかり釣り道具にぶつけて傷つけるリスクも少ないです。

メディカルポーチと一緒に持っておくと便利

ガーゼを切ったり、虫に刺されたときに皮膚を少し切って毒を出したりと、応急手当をするのに向いています。

大きいナイフで皮膚を切るとうっかり切りすぎてしまう恐れがありますからね。小さいのでメディカルポーチの中に入れておいても邪魔になりません。

デメリット

クラシックALのデメリットを以下にまとめます。参考までにどうぞ。

・ロック機構がないので少し危険

・軽犯罪法の観点で、不用意に持ち歩けない

・ハンドル内部にホコリやゴミが詰まりやすい

・木や食材を切るのに不向き

・はさみのスプリングがすぐにへたる(切れなくはない)

まとめ

総合的にみると、ビクトリノックスのクラシックALは薄くて軽いぶん、コントロールがしやすいので、応急手当のツールとして最適です。

キャンプに行くときには、これ単体では厳しいので、頑丈なシースナイフと2本持ちして行きましょう。

 


VICTORINOX(ビクトリノックス) クラシックALOX 保証書付 0.622126 (旧名称:クラシックAL)【日本正規品】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA