バックバンテージセレクトの切れ味は?フェザースティックで検証



こんにちは!のとむらです。バックフォールディングハンター#110を現代に合わせてモデルチェンジしたようなナイフ、「バンテージセレクト」。

片手でブレードが開閉でき、機動性が良いのがメリットです。

では実際の切れ味がどんなものか?フェザースティックを作って検証したいと思います。

 

バック バンテージセレクトの切れ味

まずはコピー用紙から。問題なく切れましたね。

続いてわりばしフェザースティック。こちらもそこそこ薄く削れます。

では難易度を上げて硬い枝を削ってみましょう。枝が長いので削りまくって切断できるか試してみます。

見事2つにパッカーン。

硬いので荒削りになってしまいますが、焚き付けにできるレベルにはなりました。

ちなみに柔らかめの枝だとこんな感じでサクサク削れます。

まとめ

バンテージセレクトは420HCステンレス鋼という安価な鋼材が使われているのですが、わりと切れ味が良いことがわかりました。

ちょっと木を削ったり、魚を捌いたりできればじゅうぶんな人におすすめです。

 


BUCK(バック) 狩猟ナイフ バンテージ セレクト 折り畳みナイフ Vantage Select 345BKS 0345BKS-B

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA