ポケットナイフにおすすめ【ガーバーウルトラライトLST】

こんにちは!のとむらです。以前、ポケットナイフについて記事を書いたのですが、あれから無性にポケットナイフが欲しくなり、先日ついに買ってしまいました!

というわけで今回は、ガーバー製のポケットナイフ、「ウルトラライトLST」の紹介です。

GERBER(ガーバー) ウルトラライトLST


1939年に創業以来、数多くのナイフを手がけてきたガーバー社。こちらのウルトラライトLSTは、なんと発売されてから約30年も経っているという超ロングセラーナイフ。

さすがに発売当初のものと今のものでは作りが若干違うようですが、30年も売れ続けているところに只ならぬ魅力を感じます。ウルトラライトという用語もこんな昔からあったのでしょうかね?


全長117mm、折りたたみ時は67mmと大変コンパクト。重量はわずか17gしかないため、ほとんど重さを感じません。お菓子のブラックサンダー(21g)よりも軽いです(笑)


手のひらサイズ。


ブレード鋼材は現在の「バック フォールディングハンター#110」と同じ420HCステンレス鋼

刃長は50mmと、銃刀法に触れない長さです。(軽犯罪法があるので結局のところ不用意に持ち歩くことはできませんが)

ハンドル材は軽量かつ頑丈なグラスファイバーナイロン。滑りにくくするため、前半部分に網目の加工が施されています。

価格はアマゾンで約2200円とリーズナブルですが、これとは別に送料が発生します。(関東だと約650円)

ちなみにモンベルのオンラインショップでも購入可能です。会員の方なら送料無料なので、場合によってはアマゾンよりも安く買えます。ただ、年会費が1500円かかるので、これを買うためだけに新たに入会するのは得策ではありません。


ビクトリノックスの「クラシックAL」と比べると「ウルトラライトLST」のほうが一回り大きい。


反対側。


上から見た状態。根本のほうは2mmほど厚みがあるので、簡単に折れたりはしなさそう。

持ち方

ウルトラライトLSTは見たとおり小さいので、指が余ります。持ち方としては主に以下の2通りになるのではないでしょうか。


親指と人差し指でつまむスタイル。切る動作に適しています。


ブレードの背を親指でおさえこむスタイル。削る動作に適しています。

切れ味


切れ味はなかなか良いです。ただ、同じ420HCステンレス鋼である「バック フォールディングハンター#110」より少し劣るかなといった感じ。コピー用紙はちゃんと切れますが、「スパッ」というより「ザクザク」と引っかかりがある感じで、切断面もちょっと荒いです。


わりばしでフェザースティックを作る際は薄く削るのではなく、角度をつけて力強く削ったほうが上手くいきました。

研ぎ直しをすれば伸びしろはありそうですね。私は研ぐのが下手なので、使い込んで本当に切れなくなってから研ごうと思っていますが(笑)

折りたたみ時の安全装置


ブレードの開閉はバックロック式なのですが、折りたたむときに途中で一回「カチッ」とロックがかかる仕組みになっています。

おそらく勢いあまって指を挟まないようにするための工夫なのでしょう。小さいとどうしても挟みやすいので、この安全装置はありがたいです。

しかし、慣れてくると若干やかましくなってきます(笑)

ランヤードリング搭載


ハンドルエンド付近にはランヤードリングと呼ばれる穴が空いており、ここに紐やキーリングなどを通すことができます。

ネックナイフとして首にぶら下げておけば、使いたいときにすぐ使えますね。

デメリット

文中でほとんど述べてしまったのですが、ウルトラライトLSTにはいくつかデメリットに感じる部分がありました。参考までにどうぞ。

・切れ味が普通レベル

・折りたたみ時の安全装置が面倒になるときがある

・網目模様にホコリが詰まりやすい

まとめ

私が知るかぎり、これ以上シンプルなデザインのポケットナイフは見たことがありません。シルバーの刃に黒いハンドルだけですからね。無骨でカッコイイですよ、ホント。

ナイフとして必要最小限の機能があればいいという方におすすめです。


GERBER 折りたたみナイフ ウルトラライトLST

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA