トライアングルシャープメーカーで切れ味は回復するか検証してみた



こんにちは!のとむらです。

私はナイフが好きなのですが、研ぐのが絶望的に下手で、スパイダルコのトライアングルシャープメーカーってやつを使っています。

V字の砥石にこすりつけながら垂直にナイフを振り下ろすだけなので、私でもなんとか研げるんですよね。

とはいえ水研ぎと比べると、動きに制約が出てしまうので、自分好みの刃を付けるのは難しいです。

そこで今回は、トライアングルシャープメーカーで切れ味がどれくらい回復するか、色々なナイフで検証してみたいと思います。

 

12本のナイフで検証

検証するにあたり、大小さまざまなナイフを取り揃えました。

・OPINEL(オピネル)#9カーボン
・BUCK(バック)フォールディングハンター#110
・BUCK(バック)バンテージセレクト
・MORA KNIV(モーラナイフ)ガーバーグ
・MORA KNIV(モーラナイフ)コンパニオンヘビーデューティー ステンレス
・MORA KNIV(モーラナイフ)エルドリス
・KELLAM(ケラム)ウルヴァリン
・GERBER(ガーバー)ベアグリルスアルティメットナイフ
・GERBER(ガーバー)ゲーターフォルダーファインエッジ
・VICTORINOX(ビクトリノックス)ソルジャーナイフ
・VICTORINOX(ビクトリノックス)ソルジャーCVAL
・LEATHERMAN(レザーマン)シグナル

自分で企画しておいて言うのもあれですが、こんだけ持ってると気持ち悪いですね(笑)

エッジ形状はフラットグラインド、ホローグラインド、スカンジグラインドの3種類あります。

あ、そうそう忘れていた。スパイダルコのトライアングルシャープメーカーってのはこんな感じのやつです。灰色っぽいのが中砥石で、白いのが仕上げ砥石。

上手く研げたナイフたち

・OPINEL(オピネル)#9カーボン
・BUCK(バック)フォールディングハンター#110
・BUCK(バック)バンテージセレクト
・MORA KNIV(モーラナイフ)ガーバーグ
・MORA KNIV(モーラナイフ)コンパニオンヘビーデューティー ステンレス
・MORA KNIV(モーラナイフ)エルドリス
・KELLAM(ケラム)ウルヴァリン
・GERBER(ガーバー)ゲーターフォルダーファインエッジ
・VICTORINOX(ビクトリノックス)ソルジャーナイフ
・LEATHERMAN(レザーマン)シグナル

これらのナイフは研ぎやすかったですね。

特に上手く研げたのはエルドリス。刃が短いおかげで軌道がブレにくく、購入したときよりも切れ味が向上しました。

あとフォールディングハンター#110とバンテージセレクトもなかなか上出来でした。BUCK系との相性が良いのかも?

上手く研げなかったナイフたち

・GERBER(ガーバー)ベアグリルスアルティメットナイフ
・VICTORINOX(ビクトリノックス)ソルジャーCVAL

この2本は切れ味がほとんど回復しませんでした。

アルティメットナイフは波刃部分は上手く研げたのですが、直刃部分は刃の角度が鈍角のせいかダメでしたね。砥石が当たってほしいとこに当たってない感じ。

12本のナイフでフェザースティック作り

ナイフをこんなにたくさん引っぱり出す機会もそうそうないので、わりばしをそれぞれのナイフで少しずつ削ってフェザースティックを作ってみました。

どん!さすがにナイフ12本も集まると強力ですね。もはや藁(わら)にしか見えません。

まとめ

検証の結果、スパイダルコのトライアングルシャープメーカーは次の条件に近いナイフほど、上手く研げることがわかりました。

・刃長が短い
・研ぎやすくて質の良い鋼材
・刃の角度が鋭角気味

あと一応フリーハンドで行うので、使う人の腕によって仕上がりに差が出ます。

わたしなんかだと紙がギリギリ破れずに切れる程度ですが、上手い人が研ぐと、いろんな角度からスパスパ切れるのでうらやましいです(笑)

なんかの儀式みたい。

 


Spyderco 三角形シャープメーカーナイフ研ぎ器 204MF

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA