ブログを始めてから電車移動がそれほど苦じゃなくなった



こんにちは!のとむらです。私はしがないサラリーマンをやっており、通勤はもっぱら電車です。

満員電車が苦痛なのは言うまでもないですが、ブログを書き始めてからはこの時間がそれほど苦じゃなくなりました。

電車の中で記事を書くことで、時間を有効に使えているからです。

 

電車の中でブログが書ける

私のブログ執筆方法はちょっと特殊です。

電車移動中にスマホのメモ帳に記事の下書き→出来上がったら自分のPC宛にメール送信→自宅に着いたらワードプレスに下書きをコピペして編集→ブログ更新

最終的な作業は自宅で行ないますが、記事のネタは外出先で作っている感じです。

移動中のほうがアイデアが湧きやすい

私だけかもしれませんが、机の前に座って「さあブログを書くぞ!」という状態だと、なかなか良いアイデアが思いつきません。

しかもだんだん考えるのが嫌になってゴロゴロしたり、ゲームをしてしまったりします。

ですが、移動中は景色が次々と変わり、情報が目に飛び込んでくるので、突然パッとアイデアが閃めいたりするのですよね。

あとは自宅と違って自由度が少なく執筆に集中しやすいことも、好影響を及ぼしているのかもしれません。

一本乗り遅れてもいいやと思える

今までは目の前に電車が来ていると、急いでいようがいまいが条件反射的に飛び乗っていたのですが、ブログを書くようになってからは見送るようになりました。

次の電車が来るまでの時間を執筆にあてることができるので、損した感がありません。

もちろん、遅刻しそうな場合なら話は別ですが(笑)

家に帰ってから頭を使わずに済む

仕事から帰ってくると、ドッと疲れが押し寄せてくるので正直なにもしたくなくなります。

ですが、記事のネタは移動中に作ってあるので、自宅ではちょちょっと編集して更新するだけ。

頭をほとんど使わずに済むので、疲れた状態でもなんとか作業をすることができます。

もしくは「電車の中で執筆を進めたからよし!」と割り切って、思いっきり休んじゃうのもアリです。

いちおう前進はしているわけですからね。サボってしまったという罪悪感は感じません。

まとめ

会社員と兼業でブログを書いている人は、プライベートな時間を削って努力している人がほとんどですよね。

しかしそれでは会社でも家でも働いているような状態となり、きっとどこかでパンクしてしまうでしょう。

移動時間をブログ執筆にあてると、家でゆっくりできる時間が増え、オンとオフの切り替えもハッキリするのでおすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA