最恐のブッシュクラフトナイフ。トップスのフィールドクラフトボブハンター



こんにちは!のとむらです。ブッシュクラフトナイフといえば、モーラナイフやヘレナイフなど、森で暮らしている人を想像させるような、ほっこりしたデザインのもの多いですが、

このたび私、最も恐ろしいと書いて、最恐のブッシュクラフトナイフを入手しました。

その名はトップスの「フィールドクラフト ボブハンター」。

どのへんが恐ろしいのか紹介したいと思います。

 

TOPS(トップス)フィールドクラフト ボブハンター

アメリカに拠点を置くトップス。

こちらのボブハンターは無骨で重厚な雰囲気ですね。

箱などはなく、袋にズドン!と入った状態で届きます。

謎の組織から支給品を受け取ったような感覚で新鮮。

こちらがナイフ本体。

最初はブレードに錆び止めの油が塗ってあったのですが、その匂いがなかなか強烈でした。

ただ時間が経つと消えるので、さほどデメリットではありません。

刃長約117mmと、少し余裕のある長さ。

鈍い輝きとロゴが威圧感を際立たせていますね。人が多く集まるキャンプ場とかに持って行ったら引かれるかもしれません。

ブレード形状はドロップポイント、エッジ形状はスカンジグラインド。

凶悪な見た目に反して、正統なブッシュクラフトナイフとなっています。

反対側はこんな感じ。

USAのロゴかっこいいなあ。

刃厚は約5.2mmのフルタング。

これはバトニング性能に期待できます。

手に持つとこんな感じ。

重量は約304gと、このサイズ感のナイフとしては重いです。

鉄の塊を手にしているような、ずっしりとした感覚があります。

ハンドル材は耐久性と耐水性の高い「G10」

エンドからは思いっきり鋼材がはみ出しているので、ハンマーとしてぶっ叩けます。

また、ファイヤースターターを擦るための溝も付いています。

付属のカイデックスシース。

硬くて頑丈、水濡れにも強くて実用的です。

また、ナイフをしまうときに「カシン!」とカッコイイ音がします。

私はつい用もなく出し入れして遊んでいます(笑)

シースには太めのファイヤースターターが搭載。

ファイヤースターターって、ふつうは柄が付いているんですが、そんな気の利いたものはありません。

四角いプラスチックのようなものは緊急用ホイッスルです。

なにげにサバイバル機能満載。

ただ、ホイッスルはカチャカチャ当たってうるさいので外しました(笑)

背面には腰に取り付けるための金属製クリップが付いています。

切れ味

それでは切れ味を見てみましょう。まずはコポー用紙から。

かろうじて切れますが、ガツガツと引っかかり、破けます。

わりばしフェザースティックも、スカンジとは思えないほど微妙。

しかし感覚的に伸びしろがありそうな刃でしたので、スパイダルコのトライアングルシャープメーカーで研いでみることに。

コピー用紙切りに再チャレンジ。

普通に切れるようになりました。

わりばしフェザースティックもサクサクに削れます。

 

実用的になったところで、フィールドテスト。

直径5cmほどの枝をチョッピングしていきます。

見事に切断できました。

重いだけあって、パワーがあります。

続いてバトニング。

こちらも問題なく割れました。

チョッピングとバトニングの破壊力は、ガーバーストロングアームとケーバーBK2の中間ぐらいですね。

割った薪でフェザースティック。

焚き付けに十分使える出来栄えです。

刃こぼれもなし。

さすが154CM。頑丈です。

このナイフを買った理由

モーラナイフのガーバーグ以上に破壊力と耐久性が高く、水濡れも汚れも気にしなくていい素材のナイフが欲しいなと思って買いました。

最初は威圧感が強すぎて敬遠していたのですが、私は基本的に一人で野遊びやブッシュクラフトをするので、人目はあまり気にしなくていいかなと。

前述したようにクセの強いナイフではありますが、自分にとって頼れる一本が手に入ったので満足です。

 


TOPS Knives Brothers of Bushcraft – タンブル仕上げ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA