ゆるブッシュクラフト!ナイフを種類別に使い分けて焚き火してみた

こんにちは!のとむらです。今日はナイフと焚き火で遊ぶため、三戸浜海岸にやってきました。

最近は歳のせいか、社交場でワイワイするより、一人でブッシュクラフト的なことをするほうが落ち着く(笑)

というわけで今回は、種類の違うナイフを使い分けて焚き火を起こす様子をレポートしたいと思います。

 

 

三戸浜海岸に到着


10月の三戸浜海岸。ちらほらとキャンパーを見かけた。


タープを張るのをめんどくさがって、グランドシートと日傘だけの日除け設備を作ろうと思ったら、強風により失敗した。

良い子はマネしてはいけない。

 

3本のナイフたち


こちらが持ってきた3本のナイフたち。それぞれ種類が違うので紹介させていただきますね。

写真上は「モーラナイフ ガーバーグ」。切れ味は普通だけど耐久性が高いのが特徴。フルタングなので、バトニングやチョッピングなどのハード作業に使えます。

写真中央は「ケラム ウルヴァリン」。こちらはガーバーグとは対照的で、耐久性が普通な代わりに切れ味が良いのが特徴。硬い木を削ってフェザースティックを作るのに活躍します。

写真下は「レザーマン フリースタイル」。このなかでは切れ味も耐久性も最下位ですが、細かい作業がしやすいのと、プライヤーで熱いものをつかめるのが利点。焚き火をより安全に行なうために使います。

ちなみにこの銀色のテーブルは「SOTO フィールドホッパー」。大事なキャンプギアやナイフを地面に直置きしたくないときに便利です。

 

モーラナイフ ガーバーグで薪を切り分ける


道ばたで拾った太い枝。こいつを焚き火の薪にするわけですが、このままだと長すぎるので半分に切断します。


ガーバーグでザックザックとチョッピング。硬いのでクルクル回しながら少しずつ削っていきます。


見事に切断できました。ガーバーグは手荒に使ってもほとんど刃こぼれしないので頼もしい。

 

ケラム ウルヴァリンでフェザースティック作り


次に、切断した枝を削ってフェザースティックを作ります。このぐらい太いと簡単には燃えてくれないので、ささくれを作って燃えやすくするのです。


初の実戦投入となるウルヴァリン。枝が硬いがゆえスルスルとは剥けませんでしたが、焚き付けにはじゅうぶんな出来栄えです。


刃が薄いので力がかかる作業は不安だったのですが、まったく刃こぼれしなくて感動しました。

ハンドルも滑らかで握りやすいですね。手汗で汚れるのが嫌で手袋はめましたが(笑)

 

レザーマン フリースタイルは点火時に活躍


最後のトリを飾るのはレザーマンのフリースタイル。刃が小さいのでわりばしや細い枝を削ることにします。直刃の切れ味は普通ですが、波刃だと1.5倍ほど切れ味が良いので侮れません。


ガリガリガリ。


焚き付け作りがおおむね完了。あとは着火用の枯れ葉とめっちゃ小さい枝をいくらか拾ってくれば焚き火が始められます。

私はマッチで着火させるわけですが、今日は風が強いので、うまく着火させるにはウッドストーブの奥深くにマッチを投入しなくてはいけません。しかし素手で突っ込むと火傷します。そして焚き火用グローブはめんどくさいので持ってこなかった。


そんなときはこのプライヤーがあれば大丈夫!マジックハンドのようにマッチをつかんで点火でき、素手では届きにくい場所に火をあてることができます。

 

そして焚き火をする


無事にウッドストーブに火がつき、熾(おき)が出来たところでウインナーを焼くことに。

鉄串が一本あれば、ウインナー、チーズ、マシュマロなど、あらゆる焼き料理を楽しめます。


肉の脂がしたたると、このように一瞬激しく萌えるので注意。あまり顔を近づけてはいけない。

 


レザーマンのプライヤーなら地面に落ちた熱い炭もつかめる。


ダイソーで買った鉄串。SOTOフィールドホッパーのスタッフバッグにちょうど収まる長さだった。

ちなみに私が愛用しているウッドストーブは「ソロストーブライト」。空気の通り道が確保された設計のため、簡単に火が起こせます。組み立てがほぼ不要で、下に灰が落ちないのでおすすめです。

 

まとめ

そんなこんなでナイフと焚き火遊びは無事に終了。フィールドでナイフを使い分けるの楽しい〜(笑)

泊まりがけのキャンプだと荷物が多くて大変ですが、日帰りでちょっと焚き火するくらいなら持っていくものが少ないので楽ですね。

なにより、好きなナイフをたくさん持っていけるのが良いです(笑)

 


モーラ・ナイフ Morakniv Garberg Multi-Mount

 


KELLAM Wolverine ケラム ウルヴァリン

 


LEATHERMAN ( レザーマン ) マルチツール FREESTYLE ケース無し 【日本正規品】 25年保証 LTJマーク入 FST

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA