家賃が安いという理由で畳の賃貸を借りると逆にデメリットだらけ

こんにちは!のとむらです。みなさんはどんな家に住んでいますか?

私は賃貸なのですが、築年数が古い和室のアパートにかれこれ10年は住んでいます。

家賃が相場より安いのがメリットなのですが、安さと引き換えに色々とざんねんな点も多いです。

そこで今回は、わたしが長年住んでいて気付いた、畳部屋の賃貸に住むデメリットを2つお伝えしたいと思います。

掃除がしづらい

「畳の部屋は落ち着くのぉ〜」

和室の旅館に泊まったとき、こんなふうに癒されたことはありませんか?

しかしそれは清掃が行き届いた旅館だからこそ。オンボロアパートの畳部屋ではそうもいきません。

壁から突き出た梁にホコリがたまったり、へんな屋根裏の板みたいのがあって、そこにホコリがたまったりと・・・人が掃除しやすい作りになっていないのですよね(怒)

最近じゃ畳もハゲてきて、い草がボロボロくずれています(泣)

シンプルな洋室と比べると掃除する手間が2〜3倍にはなるので、労力をお金に換算すると、いくらか損です。

エアコンが効きにくい

畳部屋の賃貸は建物が古い傾向にあるので、だいたいエアコンが効きにくいです。

備え付けのエアコンが古くてパワーがないせいもありますが、

壁と天井が薄く、どこかしらに隙間があるので、エアコンの風が逃げていってしまうのです。

私の部屋のエアコンは、真夏と真冬だとフルパワーにしても全然効きやしません。

家賃が安く済んだとしても、電気代でむしり取られます。

まとめ

他にもデメリットはたくさんあるのですが、この2つが最も大きいです。

仮に家賃4万円だとしても、掃除の労力とムダにかかる電気代によって、体感的には5万円ほど支払っている感覚になってしまいます。

賃貸を選ぶときは家賃だけでなく、利便性もお金に換算するといいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA