包丁研ぎを簡単に!砥石の補助具「スーパートゲール」

こんにちは!のとむらです。昨日の夜食べたものは思い出せるけど、おとといの夜まで遡ると厳しいですよね!

ときに私はナイフが好きなのですが、研ぎ方が絶望的に下手くそで、研ぎやすいと言われている炭素鋼ナイフをズタボロにしてしまうほど才能がありません。それでナイフ好きを公言できるのかって感じですよね・・・。

砥石で研ぐのはあきらめて、ランスキーシャープナーに頼ろうかと思ったのですが、まだそんなに使っていない砥石がお蔵入りになってしまうのは勿体無い。

そこで、砥石用の研ぎ補助具「スーパートゲール」を使ってみることにしました。

研ぎが下手だとどうなるのか

砥石を使った研ぎ方では、刃の角度を一定に保つ必要があります。途中で角度が変わってしまうと、刃が丸くなったり、刃のつき方が箇所ごとに変わって、切れ味が著しく落ちてしまうのです。

私のように研ぎ方があまりにも下手だと、自分では角度を変えていないつもりでも、気づかぬうちに変わってしまうので、研げば研ぐほど切れない刃物になっていきます。


研ぎに失敗してデコボコになったモーラナイフ。一生懸命やってこのザマ。

清水製作所「包丁とぎホルダー スーパートゲール」


刃に挟みこむことで、研ぎ角度を一定に固定することができる研石用の補助具「スーパートゲール」。

これを使えば研ぎが下手な人でも、刃物の切れ味を回復させることができる画期的なアイテムということで、実力のほどを確かめてみます。


検証対象となるのは無印のステンレス包丁。写真では分かりにくいのですが、ところどころ刃こぼれをしています。スーパートゲールによってこの刃こぼれを直すことはできるのでしょうか?

研ぐ前の切れ味


研ぐ前にコピー用紙を切ってみて、現在の切れ味を確かめます。一応は切れますが、切り口がズタズタです。

実際に研いでみる


スーパートゲールを包丁に挟み、あらかじめ水に1時間浸けて使える状態にしておいた砥石の上に載せます。

スーパートゲールのおかげで包丁の角度が固定され、砥石に刃がしっかりとあたっていますね。

砥石は貝印の「コンビ砥石セット」。よほど切れ味を求める人でないかぎり、これでじゅうぶんなので、最初に買う砥石としておすすめです。研ぎ台はリブが付いていて滑りにくいので安心です。

片側が荒砥石(#400)、反対側が中仕上砥石(#1000)になっているのですが、今回は荒砥石は使わないことにします。

回数は特に決めず、刃こぼれが目立たなくなるまでストロークさせました。たぶん100往復ぐらいはやったかな。


角度を固定してくれるとはいっても、カーブや刃先のほうは、付ける位置をずらさないといけません。
でないと刃が砥石にあたってくれないのです。


研ぎ完了。

砥石はつねに濡れていないといけないので、隣に水が入ったコップを用意しています。

研いだときに出る灰色の「研ぎ汁」は、刃を鋭くする効果を持っているので、完了するまで洗い流してはいけません。


気のせいかもしれませんが、刃がトゥルントゥルンになっています。

結果


研ぎ終わった包丁でコピー用紙を切ってみます。さきほどより刃がスムーズに入り、切り口もキレイに。

刃こぼれがまだ多少残っているところは引っかかりを感じましたが、総合的に切れ味は回復しました。


不出来ながらフェザースティックも作れましたよ!

フリーハンドで研いで失敗したモーラナイフだと1ミリも削れませんからね(泣)フリーハンドでやるよりはだいぶマシな結果が得られます。


後日さらに研ぎ上げたら、また切れ味が向上しました。だいぶカーリーなフェザースティックになっています。

砥石は1000番でじゅうぶんという話は本当のようですね。

ナイフには不向き

今回、ナイフではなく包丁で検証したのには理由があって、このスーパートゲールは包丁向けの補助具なので、三徳包丁のように刃厚が薄くてブレードの幅が広いものでないと上手く使えないのです。


モーラナイフのヘビーデューティーでやろうとすると、ブレードがほとんど隠れてしまって、砥石に載せても刃が当たりません。

残念ですが、包丁または包丁に似た形のナイフでないとこの補助具は使い物にならないようです。


三徳包丁なら良い感じに収まる。

デメリット

スーパートゲールを使ってみて思ったデメリットを挙げます。参考までにどうぞ。

・刃厚が厚く、ブレードの幅が狭いナイフや包丁には使えない

・クリップで挟む位置を研ぐ箇所によって変えなくてはいけないので、多少難しさはある。

・角度が固定されるので自分好みの刃付けができない

・研ぎの技術が上達しない

・砥石がすり減っていると真価を発揮しない

まとめ

検証の結果、スーパートゲールを使えば、私のような手先が不器用な人でも包丁を上手く研げることが分かりました。

すごくいい包丁を使っているなど、絶対に研ぎで失敗したくない人にはおすすめのアイテムです。


清水製作所 庖丁とぎ角度固定ホルダー スーパートゲール


貝印 コンビ砥石セット (#400・#1000) AP-0305

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA