日焼けしたくないけど紫外線対策が面倒な人におすすめの方法

こんにちは!のとむらです。みなさんは紫外線対策どうしていますか?

ばっちり日傘や日焼け止めで対策している方もいることでしょう。しかし、神経質になりすぎると疲れてしまいますし、完璧にやっているつもりでも致命的なミスをしている場合もあります。

そこで今回は、めんどくさがり屋だけど紫外線対策はしたいという矛盾を抱えた方に向けて、疲れない紫外線対策をお伝えしたいと思います。

 

 

紫外線対策の落とし穴

ではまず、紫外線対策をしている人が気付きにくいポイントを挙げていきます。

・部屋の中でも日焼けする(窓から紫外線が入る)

・日陰にいても日焼けする(紫外線が壁や地面に反射する)

・曇りの日でも紫外線のダメージを受ける

・耳に日焼け止めを塗り忘れる人が多い

・目の周りに日焼け止めを塗ってはいけない

・黒いサングラスは目の瞳孔が開くので紫外線ダメージが大きくなる

・飲む日焼け止めは効果が実証されていない

・朝にフルーツやスムージーを摂取するとソラレンという成分が働き、紫外線をより多く吸収してしまう

・日傘は上から降り注ぐ紫外線はガードできるが、コンクリートに反射した紫外線までは防げない

・日傘のUVカット効果は永久には続かない

・日傘の裏地が白や明るい色だと反射して顔に紫外線ダメージを受ける

・服の上からも紫外線のダメージを受ける

・紫外線は白や明るい色のものに反射する

・遮光カーテン=UVカット100%とは限らない

 

落とし穴多すぎですよね!書いていて自分でも嫌になりました(笑)

つまり何が言いたいのかといいますと、紫外線を100%防ぎきるのは不可能ということです。

仮にできるとしても、窓のない部屋で一生過ごすか、宇宙服みたいな装備で外に出るしかありません。

というわけで、どうせ完璧にはできないので、ほどほどに締めるとこだけ締めて紫外線対策をしていきましょう。

 

遮光カーテンを取り付ける

さきほど遮光カーテンは紫外線を100%カットできないとお伝えしましたが、ないよりは圧倒的にマシです。

とりあえずカーテンレールをダブルレールにして、遮光1級のカーテンを前後に取り付けましょう。

カーテンを選ぶ際はネイビーや黒など、できるだけ暗い色にすると効果的。

サイズは床スレスレだとわずかな隙間から光が漏れて室内に反射してしまうので、5〜10センチくらい長めにすると良いです。

しかしそれでも、横と上から光が漏れてきます。ボックスタイプのカーテンレールを取り付けることで対策できますが、きっちり寸法をはかって荷重も考えないといけません。

面倒であれば空のティッシュ箱をレールの上に置いて並べておきましょう。これだけでもだいぶ違います。横からの光漏れは、目覚まし時計など、重しになるものをカーテンの裾に置いてみると良いでしょう。

ちなみに私はニトリのオンラインストアで遮光1級のカーテンを買いました。

 

日中の外出はできるだけ避ける

日焼け止め塗るのってめんどくさいですよね。塗りムラがないように塗ろうとすると疲れますし。

なので私は日中は部屋の中で過ごし、夕方以降に出かけるようにしています。

ちなみに早朝は紫外線が少ないイメージがありますが、全然そんなことありません。

紫外線はUVAとUVBの2種類ありまして、UVAのほうは日の出から日没まで強烈に降り注いでいるのです。

早朝にジョギングをしている人は、日没以降に走ることをおすすめします。

 

外出時は帽子をかぶり長袖を着る

日傘、サンバイザー、長手袋・・・そんな重装備で外に出るのは大変ですよね。周囲の視線も気になります。

そこで、おすすめなのがサファリハット。紫外線から頭皮を守り、ツバの部分が顔や目への日差しを多少なりともカットしてくれます。

男性の日傘ブームが到来したとはいえ、日傘をさすことに抵抗がある方はまだまだ多いでしょう。その点、帽子であればファッションアイテムのイメージが強いので、人目を気にせずに済みます。

また、日傘と違って電車内でも装備できるので、車両移動が多い方にピッタリです。あとは襟付きの長袖シャツなんかを着れば、上半身はおおむねガードできるでしょう。

首回りがガードできないのがネックですが。首だけに。

 

できるだけ日陰を歩く

日陰を歩くのも有効です。反射があるので100%防ぎきることはできませんが、やっぱ、うん、やらないよりマシ。

ふだんから日陰が多いルートを知っておくと良いですよ。

 

海や山へ行くときだけ日焼け止めを塗る

海や山の紫外線は非常に強烈です。さすがに帽子だけでは心もとないので、長時間炎天下にさらされる日だけは日焼け止めクリームを塗りましょう。

そのうえで、帽子、サングラス、首にタオルをするとなお良いです。

 

トマトジュースを飲む

紫外線から受けたダメージは無かったことにすることができませんが、軽減することはできます。

それを叶えてくれるのがトマトジュース。これに含まれるリコピンは強い抗酸化作用を持っており、紫外線ダメージによる体内の酸化を軽減してくれるのです。

日焼け止めクリームは塗った箇所にしか効果を発揮しませんが、リコピンは体の内側から全身に作用してくれます。

さらにトマトジュースにはソラレンと呼ばれる紫外線を吸収してしまう成分が少ないので、飲む時間帯を気にする必要もありません。いや、本当は気にしたほうが良いのでしょうけど、私は気にしていません(笑)

飲むだけで済むので、日焼け止めクリームより全然お手軽です。

 

まとめ

人生100年時代とささやかれている今日この頃。

徹底的に紫外線対策をするのは疲れてしまいますが、ほどほどであれば続けられそうですよね。

なるべく紫外線を浴びないように意識するだけでも、これから蓄積される紫外線ダメージを大幅に減らせますよ。

 


[ザ・ノース・フェイス]ゴアテックスハット GORE-TEX Hat クラシックカーキ 日本 M (日本サイズM相当)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA