最強のアウトドアナイフとは何かを考察してみた



こんにちは!のとむらです。ナイフ好きであれば一度は考える最強ナイフの条件。

ド素人なりに、どんなアウトドアナイフが最強と呼べるのかを考察してみました。良かったら聞いてやってください。

 

最強アウトドアナイフの基準

最強のアウトドアナイフということで、キャンプ・ブッシュクラフト・ハンティングなどのアウトドアシーンで使用することを前提としました。

実用性の高いアウトドアナイフおすすめ3選【切れ味検証済み】

2019年8月5日

以下の5つの要素をどれだけ満たせるかで考えていきます。

もともとのエッジを違う形に研ぎ直すとか、シースを手作りのものに変えるといったカスタマイズは話がややこしくなってくるのでナシの方向で(笑)

・切れ味

・耐久性

・用途の幅

・使いやすさ

・メンテナンス性

炭素鋼、刃長15cm以上は除外

炭素鋼は切れ味が良いのですが、雨降りの日や海の近くでキャンプをすることを視野に入れると、錆びやすさという点で不利です。

もちろん椿油を塗ったりして錆びを防ぐことはできますが、気を遣わないといけない時点で最強とは呼べない気がするんですよね。

よって、炭素鋼のナイフは除外としました。

刃長については私の肌感覚なのですが、15cm以上のナイフになると鉈や手斧に感覚が近くなり、細かい作業が作業がやりづらくなります。

バトニングやチョッピングでは高威力を発揮するので個人的には好きですけどね。

性能バランスが極端になってしまうので、こちらも除外とさせていただきます。

最強候補1: BARK RIVER(バークリバー)ブラボー1 3V ブラックキャンバスマイカルタ

全長:約230mm
刃長:約107mm
刃厚:約5.5mm
重量:約209g
エッジ形状:コンベックスグラインド

タング構造:フルタング
ブレード鋼材:CPM-3V
ハンドル材:ブラックキャンバスマイカルタ
シース素材:本革

アメリカに拠点を置くバークリバー。

こちらの「ブラボー1 3V」はまず素材が一級品。

コンベックスグラインドという切れ味と刃持ちが両立されたエッジ形状をしているので、長期間のキャンプにおいて有利です。

刃厚は約5.5mmあるので、バトニングも楽にこなせます。

【メリット】
・切れ味と刃持ちが良い
・ハンドルの握り心地が良くて滑りにくく、チェッカリングがないので手が痛くなりにくい

【デメリット】
・ブレードがそんなに長くないので、割れる薪が限られている
・CPM-3Vは錆に強いが、いったん錆びると内部に浸透しやすい

簡潔に言うと、使い心地は最高で、雨の日はやや面倒なナイフということになります。

ブレードの短さについては、ブラボー1.25を選べば解決するのですが、人気が高すぎてなかなか出回らないので、今回は泣く泣くブラボー1のほうを紹介させていただきました。

最強候補2:JOKER(ジョーカー)ノマド ブラックキャンバスマイカルタ

全長:約250mm
刃長:約127mm
刃厚:約5mm
重量:約269g
エッジ形状:コンベックスグラインド
タング構造:フルタング
ブレード鋼材:N695
ハンドル材:ブラックキャンバスマイカルタ

シース素材:本革

スペインに拠点を置くジョーカー。

こちらのノマドはさきほどのブラボー1とほぼ同じ形状でありながら、ブレードが2cmほど長いのでバトニングしやすくなっています。

仕上げは少し雑ですが、コストパフォーマンスが高く、耐食性もこちらのほうが上です。

【メリット】
・研ぎやすくて錆びにくい
・エンド側の鋼材が突き出しているので、ハンマーとして使える
・ファイヤースターター付き

【デメリット】
・ハンドルが水分を吸収する材質なので、清潔に保つのは難しい

簡潔に言うと、素材と作りはそこそこだけど、使いやすさはバツグンのナイフということになります。

最強候補3:Fallkniven(ファルクニーベン)S1x

全長:約249mm
刃長:約132mm
刃厚:約6mm
重量:260g
エッジ形状:コンベックスグラインド
タング構造:フルタング
ブレード鋼材:ラミネートコバルトスチール
ハンドル材:サーモラン
シース素材:ザイテル

スウェーデンに拠点を置くファルクニーベン。

こちらのS1Xは刃長と刃厚が候補の中でトップクラスなので、バトニングやチョッピングで高威力を発揮することでしょう。

シースは水濡れに強く、ロック機能が付いているおかげで横向きに取り付けることが可能。

芯材には、ただでさえ優秀なVG-10よりも刃持ち良いコバルトスチールが使われています。

【メリット】
・刃持ちが良くて錆びにくい
・エンド側の鋼材が突き出しているので、ハンマーとして使える
・シースが機能的
・水に濡れても乾きやすく、汚れが落としやすい

【デメリット】
・ハンドルにチェッカリングが入っているので手が痛くなりやすい

簡潔に言うと、機能性が高くて扱いが楽。使い心地は少し悪いナイフということになります。

最強アウトドアナイフ1位は?

さて、ただのナイフマニアである私が最強を決定するのはおこがましいのですが、考察するからには何らかの答えを出さなくてはなりません。

というわけで、私が思う最強アウトドアナイフ1位は・・・

バークリバーの「ブラボー1 3V」です!

理由としては、ハンドルの耐久性と耐水性が高く、手が痛くなりにくいところですね。

ブレード形状は三者ともほぼ同じで、それぞれ優秀な鋼材が使われているので、ナイフの性能自体には大差がないように思いました。

あったとしても、2倍も3倍も違うということはないでしょう。

ブレードは短いですが、バトニングするときにど真ん中からいかないようにするとか、大きな薪を避ければ何とかなります。

となると、あとは使い心地。

三者の中で最も快適に使えそうなのが、ブラボー1だったわけです。

まとめ

自分が今持っている知識と経験をふりしぼって書いてみましたが、いやー、疲れました。

なにせナイフというのは、どれをとっても完璧なんてものは存在しませんからね。必ず短所があります。

でもこうやって完璧に近いものを考えるのは楽しいですね。考えるだけならお金はかかりません(笑)

お金がなくてどこにも出かけられない休日は、ナイフにかぎらず自分が好きなものについて研究してみてはいかがでしょうか?

こちらの別記事でもナイフのうんちくを勝手気ままに語っております。良かったら読んでいってください。

ラブレスナイフの製作者はなぜナイフの神様と呼ばれたのか?

2018年2月3日

昔の日本の子どもはみんなポケットナイフを持っていた!

2018年1月23日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA