強靭ハンティングナイフ。バークリバースクワッドリーダー



こんにちは!のとむらです。狩猟で役立つ道具の一つであるハンティングナイフ。

獲物の皮を剥いだり、肉を切り分ける繊細な作業に使うためか、優雅なデザインをしたものが多い印象です。

・・・が、中にはかなりゴツいのもあります。

その名はバークリバー「スクワッドリーダー」。

ブッシュクラフトでガシガシ使えそうなくらい、強靭なのです。

 

バークリバー スクワッドリーダー ブラックキャンバスマイカルタ

アメリカに拠点を置くバークリバー。

こちらのスクワッドリーダーは、シンプルながら堂々とした印象ですね。

ブラッドグループがまた、カッコ良さを引き出しています。

箱はこんな感じ。

斧のように重厚なブレード。

刃長は約119mmと、普通より少しだけ長め。

ブレード形状はドロップポイント。エッジ形状はコンベックスグラインドです。

刃厚は約6.3mmのフルタングと、ケーバーの「ベッカーBK2」に迫るほどの厚み。

これはバトニング性能が期待できますね。

先端にかけて薄くなっているのが分かります。

カット性能を上げるためでしょうか?

ハンドルは耐久性と耐水性の高い、ブラックキャンバスマイカルタ。

つるつるとした質感で、汚れが付きにくいです。

エンド部分は鋼材が突き出しており、パラシュートコードなどを取り付けることができます。

手に持つとこんな感じ。

どっしりとした手応えがあり、重心はややブレード寄り。

ハンドルの曲線と丸みが、手のひらにフィットします。

付属のレザーシース。

最初はキツめでナイフが入らないので、水に濡らして少しずつ広げる必要があります。

私の場合、革を痛めないようにするため、3回ぐらいに分けて広げました(もっと分けてもいいかも)

裏側にはベルトループ付き。

切れ味

それでは切れ味を見てみましょう。まずはコピー用紙から。

少し破けますが、問題なく切れました。

続いて、わりばしフェザースティック。少し摩擦感がありますが、よく削れます。

初期の切れ味は85/100点といった感じですね。

ブレード鋼材

バークリバースクワッドリーダーのブレード鋼材はCPM-3V。

メリット

・刃厚と刃幅が大きいコンベックスなので、チョッピングとバトニングの威力が高い
・切れ味と刃持ちが良い
・シースにボタン留めがないので、素早く取り出せる

デメリット

・少し重たいので、持ち運びに不利
・切れ味の鋭さはブラボー1に劣る

このナイフを買った理由

破壊力が高そうなのと、ブラッドグループのカッコ良さに惹かれたからですね。

私は元々、ブラボー1を使っていたので、ちょうど一回り大きいスクワッドリーダーを見たときに、さらなる破壊力が期待できそうだなと思って買いました。

また、実際に持ち比べたことで、ブラボー1の良さを再認識できたのも良かったです。

持ったときにしっくりくる重量バランスと操作性は、ブラボー1ならではと思います。

上下関係にならず、どちらも1軍のナイフになりました。

 


BarkRiver バークリバー ブラボー1 3V ブラック キャンバス マイカルタ ランプレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA