30代にしてコミュ障が治らない私が身につけた社会を生き抜く方法

こんにちは!のとむらです。前回の記事では私がコミュ障を治すのをあきらめて人生が楽になった話を書きました。

しかし、現在わたしは週5日で働くサラリーマン。完全にコミニュケーションを放棄してしまうと社会で生きていけないので、最低限のコミニュケーションはとるようにしています。

そこで今回は、コミュ障の人でも実践しやすい、会社内で生き残るための処世術をお伝えしましょう。根気はいりますが、簡単にできるものばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

挨拶を徹底する

コミュ障の私が最も大切にしているのが挨拶です。

「おはようございます。」
「お疲れさまです。」
「お先に失礼します。」

これらの挨拶を、社内の人とすれ違うときに必ず言いましょう。できるだけ明るく、相手の目を見て言えるとなお良いです。

返事をしてもらえないこともあるかもしれませんが、そういうもんだと割り切れば精神的ダメージもあんまり受けません。

挨拶をするメリットは、話しかけやすい雰囲気を作れるところにあります。

私は自分から会話を振るのが苦手なのですが、挨拶を徹底していたおかげか、よく話しかけてもらえるようになりました。

朝早く出社する

コミュ障の私は会話で自己アピールをするのがとことん苦手。そのため言葉ではなく、態度や行動でアピールするしかありません。

そこで思いついたのが、朝早く出社すること。いつもだいたい始業30分前には会社に着くようにしています。

その習慣を続けた結果、「朝早く来てえらいね。」と褒められ、鍵当番を任されるようになりました(笑)

ちょっとした出世ですね(笑)おそらくですが、朝早く来る人に対して悪い印象を抱く人はいません。

早起きするのは大変ですが、そのぶん早寝するようにすれば体調的にも問題なし。遅刻するリスクも大幅に下がりますし、電車遅延があっても始業前に間に合いやすいのでオススメです。

キビキビ動く

私はコミュ障なうえに仕事も特別できるわけではありません。その欠点を少しでもカバーするため、キビキビ動くようにしています。

呼ばれたら元気良く返事をして小走り。

手持ちの仕事がないときは、スピーディーに資料整理やパソコンをカタカタして、フリだけでも忙しそうにする。

まあ、コミュ障じゃない人でも当たり前にやっていることだとは思いますが(笑)

音をなるべく立てない

動作がスピーディーでも、ドカドカと大きな音を立てては周りに大迷惑。

ドアの開け閉め、キーボードを打つとき、人のそばを通るときなど、できるだけ音を立てないようにしています。あとは休憩時間に昼寝をしている人がいたら、その人の近くを通らないようにするとか。

これもみんな当たり前にやっていることだとは思いますが、人は周囲の音には敏感でも自分が出す音には鈍感なもの。今まで意識してこなかった人は改めて意識してみると良いかもしれません。

表情に気をつける

人と会話をするとなったときに、私が気を付けているのが表情。

気持ち笑顔で、相手がなにか面白いことを言ったら、すかさず大笑いするぐらいのつもりで話すようにしています。

あとは、相手が話しているときは目を見て、しっかり相槌を打つとかですね。

人は見た目が9割という言葉を聞いたことがあるでしょうか?コミュニケーションは大きく分けて「言語」と「非言語」の2種類あり、会話内容や言い方が「言語」。動作や表情が「非言語」にあたります。

これらには相手へ伝わる割合というものがあり、「言語」がたったの7%、「非言語」が93%なのだそうです。

つまり、話す内容の大部分はどうでもいい情報として処理され、体の動きや表情のほうが印象として強く残るわけなのですね。

私も実際、言語力はほとんど捨てて、非言語力に全力を注いでいます(笑)

言語を捨てるとか、やっていることがもはや獣なのですが、無理に会話をしようとしていた頃の自分と比べると、だいぶ上手くいっているので結果オーライです(笑)

コミュ障がやってはいけないこと

では次に、コミュ障の人が対人関係においてやってはいけないことを、私の経験則からピックアップしましょう。

・挨拶をしたりしなかったりする

・報・連・相を怠る

・気を遣いすぎる

悲しいことですが、コミュ障の人は変人扱いをされやすい傾向にあります。

挨拶や報・連・相など、最低限のマナーが守れないと完全に変人認定されてしまい、仕事以外のところで二度と関わってもらえなくなるので注意してください。

また、気を遣いすぎると空回りして失敗しやすいのもコミュ障の特徴。(私だけかもしれないですが)優しくするとつけあがるタイプの人もいるので、多少は自分の中にふてぶてしさを残しておきましょう。

まとめ

長くなってしまったので要点をまとめます。コミュ障の人が社会で生き残るためには・・・

・挨拶

・自己アピールは態度や行動で示す

・自分らしくいる

この3点を意識することが大切です!会話力がなくても人間関係が良好になるので(その会社にもよりますが)コミュ障でお悩みの方はぜひ実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA