ウイスキーのおつまみにチョコレートやアイスがおすすめな理由

こんにちは!のとむらです。

いきなりですが、お酒の相棒といえばおつまみですよね。

ビールのおつまみには唐揚げ、餃子、ポテトチップスなど、しょっぱい系の食べ物が合うというのは周知の事実だと思います。

ではウイスキーの場合、どんなおつまみが合うでしょうか?

答えとしては、しょっぱい系も甘い系もどっちも合います。

おつまみのバリエーションの多さもまたウイスキーの魅力の一つでもありますが、なかでもおすすめなのはチョコレートやアイスなどの甘い系のおつまみです。

今回は、その理由についてお話したいと思います。

 

チョコ効果でウイスキーの味がまろやかになる

ウイスキーはアルコール度数が高く、だいだい40度はあります。そのためストレートで飲むと口の中がヒリヒリしてしまうのですよね。飲み込むときには喉も傷めます。

水をチェイサーにして交互に飲んだとしても、ウイスキーを口に含んでいるときのダメージまでは緩和できません。

そこで活躍するのがチョコレート。

チョコって口の中に入れると、ジワーッと溶けだしてまとわりつきますよね?これがバリアとなって、ウイスキーを口に入れたときの刺激を緩和してくれるのです。

また、チョコの甘みを巻き込んで味がまろやかになり、飲みやすさもアップします。

チョコを一口食べてから飲むストレートのふわっとした感覚は、一度ハマると病みつきになって戻れません(笑)

バニラアイスなど、乳脂肪分のあるアイスでも同じようにまろやかになります。

 

トワイスアップが好きじゃない方にもおすすめ

ウイスキーの飲み方の一つに、「トワイスアップ」という常温の水を少し加える飲み方があります。

水が足されることで香りが開き、ものによってはストレートよりもおいしく飲めるらしいのですが、私はこの飲み方があんまり好きじゃありません。

どうしても味が薄いと感じてしまうのですよね。

ですが、チョコレート+ウイスキーストレートの組み合わせなら、味を薄めることなく、まろやかな飲み口を楽しめます。

 

飲みすぎに注意

甘い系のものをウイスキーのおつまみにすると飲みやすくなるので、ついついハイペースになりがちです。

適量を超えないように気をつけましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA