コスパの良いフルタング。リアルスチールのナイフってどうなの?



こんにちは!のとむらです。バトニング用ナイフといえばフルタングナイフですよね。

頑丈なのがメリットですが、使われる鋼材の量が増えるためか値段が高い傾向にあります。

安いフルタングはないものか?と探していたところ、なかなか良い感じのやつを見つけました!

 

Real Steel(リアルスチール) ブッシュクラフトナイフ プラス スカンジグラインド

全長:約216mm
刃長:約101mm
刃厚:約4.3mm
重量:約180g
エッジ形状:スカンジグラインド
ブレード鋼材:14C28Nステンレス鋼
ハンドル材:G10
タング構造:フルタング

モーラナイフのガーバーグと双璧をなすナイフ。

ブレード鋼材とタング構造は同じですが、刃厚がガーバーグよりも1mmほど厚く、値段がちょっと安いのが特徴。

あとはハンドル材とシースが違いますね。マルチマウントシステムもありません。

ちなみにブレード鋼材である「14C28N」は、高硬度で刃持ちが良く、腐食に強いです。

ハンドルがバークリバー「ブラボー1」に似ている!


このナイフを最初見たときに、「おっ!」と思ったことがあります。それはハンドルの形です。

バークリバーの「ブラボー1」 に似ていやしませんか?

ハンドル材質はブラボー1 がキャンバスマイカルタで、リアルスチールはG10と、全然ちがうのですが、つるっと滑らかそうな質感は近いものがありますよね。

モーラのガーバーグだと、滑り止めっぽいブツブツがありますので、これがちょっと見た目的にいただけない部分でもあります。

バークリバーに似ている低価格ナイフとしてはピカイチなのではないでしょうか?

人気が高すぎて売り切れていた時期も

さて、こちらのプラスですが、ちょくちょく売り切れになることがあります。

レビューも高評価が多く、かなり人気が高いことが伺い知れます。

リアルスチール・ガーバーグ・ブラボー1どれがいい?

ガーバーグとブラボー1を足して2で割ったようなリアルスチールですが、結局どれがいいのでしょうね?

検証動画も見ましたが、性能的にはびっくりするほどの差はないように思いました。

デザインはやはりバークリバーのほうがカッコイイですね。シースも本革ですし。ただ、値段が高いので思い切って使えないかも(笑)

気兼ねなくガシガシ使えるという点では、ハンドルもシースもプラスチックのガーバーグに軍配が上がります。

なるべく低予算でフルタングナイフを試してみたい!という人にはリアルスチールのナイフが良いかもしれません。

 


Real Steel/リアルスチール ブッシュクラフト プラス スカンジグラインド

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA