スパイダルコパラミリタリー2の切れ味と開閉スピードを検証してみた



こんにちは!のとむらです。最近のフォールディングナイフは片手で開閉できるものが増えていますね。

なかでもスパイダルコのナイフはスムーズに開閉できることで有名です。

そこで今回は、人気モデルである「パラミリタリー2」の切れ味と、ブレード開閉のしやすさを検証したいと思います。

 

スパイダルコ パラミリタリー2の切れ味

ではさっそく切れ味をみていきましょう。まずはコピー用紙から。

ほんのちょっとだけ引っかかりを感じましたが、スパッと切れました。さすが高級鋼材S30V。

浅い角度から切ってもキレイです。

続いてわりばしフェザースティック。かつお節のようにサクサクと薄く削れました。これなら焚き火も余裕ですね。

ちなみにパラミリタリー2なんですが、高級感がある見た目に反して意外と軽いです。

片手でのブレード開閉

続いては片手でのブレード開閉をしてみましょう。

サムホールの内側を親指で押すように開きます。

スルッ・・・うおぉ軽い!

あっという間に開きました。カチッと精密機械みたいな音が心地よいです。

私てっきりスパイダルコナイフの開けやすさって、このサムホールに秘密があるんだと思ってたんですが違いました。

ブレードの動きが滑らかだから開けやすいんですね!

慣れるとナイフを見なくてもできるようになります。

ちなみにサムホールに親指を完全に通して開ける方法もありますが、やりにくいうえ爪を痛めるのでおすすめしません。

では今度は閉じてみましょう。

コンプレッションロックの板部分を人差し指でグッと押し込むと、ロックが解除されます。

このときに軽く振ると・・・

このようにパタリとブレードが降りてきます(刃の軌道上に指をおかないように注意してください!私は最初指を切りました笑)

あとは手で閉じれば完了です。

うっかり強く振るとはね返ってしまいますが、畳んだとき刃がぶつからない構造になっているので、それほど心配はいりません。

もちろん無理して片手でやる必要もないですよ。大事に使いたかったら両手で開閉するのもありでしょう。

まとめ

検証した結果、パラミリタリー2は切れ味とブレード開閉のどちらも優秀であることが分かりました。

ただ、切れ味に関してはもう少し上がいるかなという印象ですね(モーラナイフコンパニオンヘビーデューティーやケラムウルヴァリンなど)

やはり一番の強みは開閉のしやすさでしょう。あとカッコよさ(笑)


SPYDERCOスパイダルコParamilitary 2パラミリタリー 2シルバー CPM-S30V G-10

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA