抜かない歯列矯正のデメリットは?半分失敗した私の話



こんにちは!のとむらです。むかし歯の矯正をやったことがあるのですが、抜かない矯正を選びました。

抜歯しないほうが自然的で優れた治療法に思えますが、抜かないことで起きるトラブルもあるそうです。

私の場合どうなったかというと、半分成功して半分失敗しました。

そこで今回は、抜かない矯正の体験談とデメリットについてお伝えしたいと思います。

 

抜かない歯列矯正とは?

その名のとおり、歯を抜かないでおこなう歯列矯正です(ただし親知らずは全部抜く)

ほとんどの矯正歯科は抜歯スタイルを採用しているので、抜かない矯正は少数派。

歯科の技術はどんどん進歩しているので今はどうなっているかわかりませんが、私が始めた当時は・・・

抜かない矯正VS抜歯する矯正

といった感じで、意見が分かれている印象でした。

抜かない歯列矯正の流れ

私が通っていた矯正歯科の場合です。

1.金属装置での矯正(半年)
2.マウスピース矯正に移行(2年半)
3.マウスピースによる保定(2年)

完了するまで5年もかかっています(笑)

上の前歯の出っ歯をなおしたくて始めたのですが、歯並びそのものは最初の半年でほぼ改善。

マウスピース矯正で微調整していった感じです。

結果

上の出っ歯は改善したのですが、下の前歯に2ミリほど隙間があいてしまいました。

麺類を食べると、たまに入り込んできてウザいです(笑)

また、噛み合わせたときに下の前歯が少しだけ上の歯肉にあたるようになり、別の歯医者さんに「あたっているところが腫れているので、慢性的に傷つくとガンになるかもしれません。」と言われました。

まさか歯の矯正をして、がんリスクが上がるとは思ってもみなかったです(震)

ちなみに上の前歯2本も、となりの歯より少し引っ込んでしまい、不自然な歯並びになっています。

第三者からは、よく見ないと気付かないレベルではありますが。

施術ミス疑惑

上の歯はうまくいったけど、下の歯並びは以前より悪化してしまったので、矯正が終わったあともモヤモヤが残っていました。

もちろん抜かない矯正を選んだから理想どおりにするのは難しかったのかもしれません。

抜歯しないで矯正すると、歯を動かせるスペースが少なくなりますからね。

ですが私には、施術ミスではないのか?と思い当たるフシがありました。

マウスピース矯正に移ってしばらく経った頃、先生がプランをとつぜん変更し、下の歯の一部の矯正をとりやめてしまったのです。

それがあまり上手くいかなかったみたいで、数ヶ月後に再開することになったのですが、下の歯があきらかに動きにくくなったんですよね。

私は歯に関して素人ですが、下の歯が矯正をストップしていた頃の位置に戻ろうとしているのが直感的にわかりました。

そして数年後、保定期間を終えてマウスピースを取り外すと、上の歯はほとんど変わらなかったのに対し、下の歯は2日たらずで隙間が広がり、今の状態になってしまったのです。

返金を求めるも・・・

矯正が終わってから数年後、納得がいかなかった私はダメ元で先生に「施術ミスが考えられるので返金に応じてほしい」と伝えることに。

すると・・・

「返金はできません。無償で再矯正するか下の歯の隙間をプラスチックで埋めて対応します。」

このような回答が返ってきました。

まぁそうなりますよね。たとえミスがあったとしても認めてしまったら大変なことになりますから。認めるはずがないんです。

でもプラスチックで埋めるってどーなのよ?見ため余計おかしくなるじゃん(笑)

再矯正も歯にかかる負担を考えるとリスクが高いし、そもそも失敗したところにまた頼もうなんて気にはなれない。

もはや泣き寝入りするしかありませんでした。

抜かない矯正のデメリット

・思い通りの結果にならない可能性がある
・施術ミスにより矯正前より悪化する可能性がある

私の経験則から言うとデメリットはこの2点ですね。

当時は、あれだけ時間をかけておこなうのだから失敗なんてあるはずがないと思い込んでいたのでチャレンジできましたが、今考えるとなかなか危ないことをしていました(笑)

失敗リスクを下げるためには?

歯並びは一人ひとり違うので、矯正で失敗しない可能性はゼロではありません。

失敗リスクを下げるには、なるべくたくさんの情報を集めることが大切だと思います。

わたしの場合、歯医者さんを3軒ほどまわって話を聞いたり、矯正に関する本を読んで勉強をしました。

これから歯列矯正を考えている人は、ぜひ自分に合った矯正方法と信頼できる先生を見つけてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA