フランスの肥後守!オピネルナイフの魅力とメリットデメリット

こんにちは!のとむらです。ナイフ愛好家なら誰もが知っているであろう、「オピネル」。

安いからいつでも買えると思って、ずーっと後回しにしていたのですが、それではナイフ好きの名がすたる!ということで、ついに買いました。

そこで今回は、実際にオピネルを使ってみた感想とメリットデメリットをお伝えしたいと思います。

オピネルとは?


創業120年以上の実績を持つフランスのナイフメーカー。

いろいろな形のナイフを作っていますが、なかでもブナの木ハンドルに回転式のロックが付いたフォールディングナイフが有名で、そのタイプは世界で一番売れているナイフとも言われています。

アウトドアショップや東急ハンズでもよく見かけますよね。

サイズバリエーションが豊富で、No.6〜No.13までの7種類(No.11は現在では廃番)

数字が大きいほどサイズも大きくなり、そのなかで自分の手にフィットするサイズを選ぶことができます。

オピネルのロックの仕組み


オピネルはフランスの肥後守とも呼ばれていますが、実際の肥後守と違い、ロック機構が搭載されています。

「ヴィロブロック」というオピネル特有のシステムで、リング状のロックを左右に回転させることにより、ロックのオンオフができる仕組みです。


ロックを開いた状態。


ロックを閉じた状態。

ブレード鋼材は炭素鋼とステンレス鋼の2種類

オピネルのブレード鋼材は、切れ味が良い代わりに錆びやすい炭素鋼(カーボン)と、切れ味が若干落ちる代わりに錆びに強いステンレス鋼の2種類です。

ブレード鋼材以外はサイズも形状も同じですが、ハンドルの色に違いがあります。(炭素鋼モデルのほうが濃い)

フェザースティック作りなど、硬い木を削る目的であれば炭素鋼。食材のカットや釣った魚をさばく目的であれば、水にさらされやすいのでステンレス鋼がおすすめです。

オピネルの魅力

オピネルの魅力はなんといっても、洗練されたデザインとリーズナブルな価格

ぬくもりのある木製ハンドルは低価格ナイフとは思えないほど滑らかで、快適な握り心地をあたえてくれます。

また、サバイバルナイフのような凶々しさがなく、どちらかというとかわいい部類に入るので、キャンプに持って行ったときに周囲の人を怖がらせてしまうリスクも低いです。

そして、意外なことに良いのが「音」

ブレード開閉時に、木と金属がぶつかり合う「カチッ」という音。ロックを閉めたときの「カチャッ」という音。私はこの軽快な音が聴きたいがために、用もなく開け閉めして遊んでいる始末です(笑)

オピネルのメリット1:刃長が長いのに軽量


オピネルナイフは8番の場合、刃長が85mmに対し、重量が50gと超軽量。

85mmというと、ふつうのフォールディングナイフ並みの長さです。たとえばバックナイフのバンテージセレクト(ラージ)は刃長が83mmに対し、重量が105gですから、それの約半分の重さということになります。

つまり、ナイフとして使いやすいサイズでありながら重量だけが削られているのですね。

重さをほとんど感じないので、持ち運びも楽。うっかり足元に落としたとしても、軽いのでダメージも少なさそうです。


軽いうえにハンドルもジャストフィット。(手が大きい人には小さく感じるかもしれません)


刃厚は約2mm。


他のフォールディングと並べるとこんな感じ。この中ではオピネルが一番小さいが、それほど差がないことが分かる。ちなみに上は「バック フォールディングハンター#110」。下は「バック バンテージセレクト(ラージサイズ)」。

オピネルのメリット2:カスタムしやすい

オピネルは価格が安いこともあって、カスタマイズに挑戦しやすいナイフとしても有名です。

錆の発生をあらかじめ抑える「黒錆び加工」や、刃の取り出しをスムーズにするためにハンドルの溝を削ったりと、オピネルをよりいっそう使いやすくすることができるのです。(※ステンレス鋼モデルは性質上、黒錆び加工ができません)

なかにはブレードやハンドルの形状を自分好みに改造する強者もちらほら。

また、箱出し状態は切れ味があまり良くないのですが、研ぐことで切れ味を極限まで高めることができます(私は研ぐのが下手くそすぎて真似できませんが)

オピネルのメリット3:片手でブレードが開閉できる(最初だけ)

サムホールが付いたタイプのフォールディングナイフほどやりやすくはないですが、一応片手でブレードの開閉をすることもできます。

ネイルマークと呼ばれるへこみ部分に爪をかけて刃を少し取り出し、あとは親指の腹で回すようにすれば開きます。閉じるときは人差し指でブレードの背を畳むだけ。


ネイルマークに爪をかけ・・・


スーっと回す。


閉じるときは人差し指でパタン。

ただし、これはあくまで滑りが良い状態のときだけで、ハンドルが水分を吸って膨張してしまうと片手で開くことができなくなります。さらに膨張がひどくなると両手を使っても開かなくなるとのこと。

これの解決法として「オイル漬け」という処理が巷では有名ですが、絶対にやってはいけません。ほとんど効果がないうえに、ロック部分に油がしみ込んで一生ベタベタします。

ハンドルの溝を上手いこと削るか、そういうナイフだと思って割り切るしかなさそうです。

オピネルのデメリット1:耐久性が低い


反して、オピネルのデメリットの一つに挙げられるのが耐久性の低さ。

刃厚が2mm程度と薄く、ブレードとハンドルの接合部がふつうのフォールディングに比べて華奢なので、硬い木を力一杯削るような作業には不向きです。

オピネルのデメリット2:ロックがゆるみやすい

オピネルにはロック機能が付いているものの、指をちょっと動かすだけで簡単に開け閉めができてしまうので、安全面に不安があります。

以前、オピネルでえんぴつ削りをしている最中に、ハンドルを握る親指でうっかりロックを回して解除させてしまうことがありました。

また、ロックをしっかり閉めないとガタつきが生じます。一度カチャリとロックをかけた後、そこからググッともう一段階回しこまないといけません。

もちろんナイフ作業中に、なにかの拍子でロックが解除されたからといって、いきなりブレードがパタンと閉じてしまうわけではないですが、ちょっと気になる点です。

オピネルのデメリット3:水濡れに弱いので調理に向かない

オピネルはハンドルが天然木(ブナ)なので、水を吸うと膨張してブレードの開閉がしづらくなってしまいます。

そのため基本的に水洗いが厳禁で、湿気にも注意しなくてはいけません。

私の場合、夏のカラッとした陽気が続いている時期に買ったのですが、暑さが戻ったとたん、湿気にやられてブレードが片手では開けないほど固くなってしまいました。

かといって乾燥剤をぎっしり敷き詰めた箱に保管するのも考えものです。それでは安価で気軽に使えるという利点が打ち消されてしまいますからね。

そしてさらに厄介なのが、果物を切ったときに果汁がハンドルにかかった場合、それを放置すると黒くなってしまうということ。

オピネルは調理用ナイフのイメージがありますが、実際は水洗いも果汁もダメなので世界一調理に不向きなナイフです。(ハンドルが脹らもうが黒ずんでしまおうが構わない!ってぐらいオピネル愛があれば別ですが)

ちなみに炭素鋼モデルはブレード自体も水濡れに弱く、錆びやすいので使い終わったら水分を拭き取るようにしましょう。

まとめ

オピネルナイフを実際に使ってみて感じたことを書いてみました。

軽くてかわいくて、どこにでも持って行きたくなるようなナイフですが(銃刀法的にはダメ笑)欠点も多く、箱出し状態のままだとやや使いづらいかなという印象です。

反対に、手先が器用でカスタムやDIYが得意な人の手にかかれば、実用性の高い良き相棒になってくれることでしょう。


OPINEL(オピネル) ステンレススチール #9 41439 【国内正規商品】

こちらはサビに強いステンレスモデル。アマゾン内でサイズを選べます。


OPINEL(オピネル) カーボンスチール #10 41480 【国内正規商品】

こちらは切れ味が良いカーボンモデル。アマゾン内でサイズを選べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA