ネックウォーマーはモンベル製がシンプルでおしゃれ【男女兼用】

防寒具の代表的存在であるマフラー。首まわりを温めるだけでなく、衣服の中に冷たい風が進入するのを防いでくれます。ですが、長さがあるため巻くのが面倒、人によってはチクチクするウールが肌に合わないというデメリットもありますよね。

特にキャンプや登山においては、必要以上に長いものを身につけていると枝などに引っかかる危険性が高まるので、できればマフラーの着用を避けたいものです。

そんなとき便利なのがネックウォーマー。着脱が簡単で、素材もチクチクしないものが多いので、わずらわしいのが苦手な人にぴったりです。

今回は、私がとても気に入っているモンベル製のネックウォーマーを紹介したいと思います。

mont-bell(モンベル) クリマエア ネックゲーター

「クリマエア」というストレッチ性と蒸れの放出性に優れたフリース素材を使用したネックゲーター。本来の使い方としてはギャングのように鼻まで覆うのですが、首だけに付けることも可能です。

価格は約2000円。残念ながら完売してしまい、今期は入荷しないようです。

チクチクしない

クリマエアネックゲーターは肌触りが良く、チクチクしません。ウールが苦手でマフラーを諦めていた人にとって、これは大きな救いではないでしょうか。

コード調整機能付き


頭からかぶるタイプのネックウォーマーは、どうしても伸びてしまうので(私の頭がでかいだけかもしれませんが)、ものによっては数回の使用で隙間ができてしまい、防風機能を果たせなくなってしまうことがあります。

クリマエアネックゲーターには上部に調節コードが付いているので、多少伸びたとしてもコードを締めれば隙間風を防ぐことができます。

カジュアルな服にも合わせやすい

カラフルで派手なイメージのあるモンベルにしては珍しくシンプルなデザイン。特にブラックカラーは控えめな印象なので、カジュアルな服に合わせやすいです。

アウトドアだけでなく、日常使いもしやすいのは嬉しいポイントです。

コンパクトだから持ち運びに便利


クリマエアネックゲーターは軽量かつコンパクト。大きいポケットがついた上着であれば、折りたたんで収納することも可能です。車を乗り継いでの移動、建物と外を行ったり来たりするなど、気温の変化に合わせてサッと着脱できます。

デメリット

防寒具として実用性の高いクリマエアネックゲーターですが、いくつかデメリットとして感じる部分もあります。参考までにどうぞ。

・薄いので一般的なマフラーより保温性は劣る

・タグが内側に3つもあるので、取らないとチクチクする(取ってしまうと価値が下がる)

・首だけに付けていると回転してコードが正面にくることがある

まとめ

あるとないとでは大きく差が出る首まわりの防寒具。

残念ながら、今期の冬はもうクリマエアネックゲーターを入手することはできませんが、来期の冬には再入荷されるかもしれません。時間があるときにチェックしてみてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA