軽量でコスパが良い!ネイチャーハイクのソロキャンプ用テント

こんにちは!のとむらです。みなさん、キャンプしていますか?キャンプの相棒といえばテントですよね。

今回は私がソロキャンプで使っているソロ用テントの紹介です。ちょっと組み立てがむずかしいのですが、軽量・コンパクト・コスパ良しと、三拍子そろっているので、かなりおすすめできるテントとなっています。

 

 

NatureHike(ネイチャーハイク) ウルトラライト ワンタッチテント


中国のアウトドアブランド「ネイチャーハイク」。こちらのソロキャンプ用テントは値段が安いわりに作りがしっかりしているという評判を聞きつけて買いました。値段はアマゾンで1万円ほど。

ちなみに商品名にワンタッチと書かれてますが、ワンタッチではありません。普通にポールで組み立てるダブルウォールテントです。


中身はこんな感じ。なんとポールは一本でつながっています。

 

スペック

スペックはアマゾンだと下記のようになっていますが、マイナーかつ、外国の商品のため、正確かどうかわかりません。

重量:1.3kg(多分ちがう。実際は1.8kgぐらい)
収納時サイズ:400mm×150mm×150mm (LxWxH)
耐水圧:5000m+(多分もっと低い)

 

使ってみた感想

肝心なのは数値よりも、実際に使ったときどうかですよね。

一言でいうと特に問題なく使えました。

値段が安いだけあって、欠陥がないか心配だったのですが、作りはしっかりしていましたね。シートはペラペラしてないし、ポールやペグも折れたりせず、ファスナーの開閉も問題なくできました。

ただ、人によっては臭いがするかもしれません。私は特に気にならなかったですが。

あとは防水性ですね。晴れ男気質の私は(やかましい)まだキャンプで雨に降られたことがないので、検証できていないのですが、わかったら追記しようと思います。

 

専用グランドシートがついている理由

この「ウルトラライト ワンタッチテント」には、専用のグランドシートが最初から付属しています。

グランドシートを敷くと、テントの底に穴が空いたり、水が浸入してくるのを防げるのですが、テントより一回り小さいものを選ばないといけないので、ハッキリ言って買うのが面倒なアイテムでもあります。

それが最初からくっついてくるのは嬉しいポイントでした。専用なのでサイズもピッタリです♪

・・・と、喜んでたのですが、組み立てたときになんでこいつにグランドシートが付属されていたのか分かりました。

ポールがしなるというか、バネみたいになっていて、曲げても手をはなすと、まっすぐに戻ろうとするのですよね。付属のグランドシートにはポールの先端を通す穴があいていて、ポールを曲げたあとに、この穴にさしこんで固定しておかないとバイーンって戻ってしまうのです。

つまり、このグランドシートはありがたいサービスでもなんでもなく、組み立てるために必須なパーツのひとつだったのです。

インナーテントにも同じく四隅に穴があいているので、グランドシートなしでも組み立てできるのですが、ポールがバイーンって戻っちゃったときに、砂が中にはいってしまうリスクがあるので、快適性を確保する意味でも必須になります。

 

組み立て方

組み立ては最初すごく苦労しました。説明書が全て中国語で書かれているうえ、新品状態だとポールが硬くて曲がりにくく、何度も弾かれてやり直しをさせられました。

ただ、2回目以降はポールがしなりやすくなっているので、まあまあ楽に組み立てることができます。

では、手順を写真と一緒に追っていきましょう。


グランドシートを敷き、その上に連結させたポールを置きます。


ポールをぐいっと曲げて、グランドシート四隅にある穴に差し込みます。折れるかと思うくらい強めに曲げるので、ここが一番怖い行程でした。


ここでしくじると、バイーンとポールがまっすぐに戻ってしまい、シートもズレてやり直し。一番ストレスがかかる行程でもあります。


インナーテントを敷き、さきほどと同じように四隅の穴にポールを差し込みます。


ここで左右まちがうとやり直しになるので注意してください。私はまちがえました(笑)やり直すときにもまた、ポールが跳ねるリスクがあるので、できるだけ最初からまちがえないようにしましょう。


テント入り口を開けた状態でフックを吊るします。


最後にフライシートを被せて、ペグを打ったら完成。張り方が下手クソすぎてピンとなっていませんが、上手い人がやったらピンとなると思います。

この前室に荷物をかくして、雨濡れを防ぐことができます。

 

内部構造


中はこんな感じです。身長180cmの私がすっぽり収まる広さ。さすがに寝がえりをうつのは難しいですが、ちょっとした小物なら四隅に置けちゃいます。

入口近くにはメッシュポケットがあり、小物などを入れられます。


天井にはフックがあり、ランタンなどを吊り下げることができます。

 

まとめ

ポールがしなるので、どうしても組み立てが厄介ですが、デザイン的に悪くないし、内部も使いやすさを配慮した作りになっています。

なによりこの軽さで1万円前後ですから、初心者のソロキャンプ用テントとしては最適だと思います。


NatureHike1人用ワンタッチテントアウトドアキャンピングテント超軽量テント (オレンジ(NH18A095-D20DXQ))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA