モーラナイフでひそかに人気のモデル「コンパニオン」とは?



こんにちは!のとむらです。コストパフォーマンスと実用性に優れたモーラナイフ。

ヘビーデューティー、ガーバーグ、エリドリスあたりが有名ですが、もうひとつ定番と言うべきモデルがあります。

その名は「コンパニオン」

今回は、このコンパニオンの特徴についてお伝えしたいと思います。

 

MORAKNIV(モーラナイフ)コンパニオン

ヘビーデューティーを思わせるデザインが特徴のコンパニオン。

それもそのはず。デザインも刃長もヘビーデューティーとほとんど同じなのです!

大きな違いは価格と刃厚。

価格と刃厚が違います。響きが良いので2回言いました。

コンパニオンの刃厚は約2.5mm。ヘビーデューティーより0.7mm薄い刃となっております。

価格はヘビーデューティーより数百円安いです。

刃厚が薄いことによるメリットデメリット

刃が薄いナイフは繊細なカットができるのがメリット。

魚をキレイに捌いたり、野菜を薄く切ったりと、いわば調理向き。

刃が厚いナイフだと、割る力が強すぎてバカッといってしまうことがあるのですが、刃が薄ければ包丁のようにスーッと切れます。

反対に、デメリットは耐久性が低いことですね。

バトニングやチョッピングなど、ハードな使い方には不向きです。

ただ、コンパニオンは値段が安いので、そこまで慎重にならなくてもいいと思います。

私もナイフワークショップでコンパニオンを使ったことがありますが、バトニングしても平気でした。

ヘビーデューティーと間違えないためには

モーラナイフのコンパニオンは、ヘビーデューティーに見た目が似ているので、買うときに間違いやすいです。

そんなときは刃厚を確かめましょう。薄いほうがコンパニオンです。

アマゾンなら商品名が違うので間違えにくいのですが、店頭だとパッケージに「コンパニオン」としか書かれていないのでマジで見分けがつきません(笑)

こちらは「UPI OUTDOOR鎌倉」で買ったヘビーデューティーのステンレスモデル。ぱっと見じゃわからないよね。

まとめ

モーラナイフのコンパニオンは刃が薄く、細かい作業に向いています。

価格もラインナップのなかで一番安いので、ガシガシ使い倒したり、研ぎの練習台にするのもおすすめです。

 


モーラ・ナイフ Mora knife Companion MG (カーボン)

 


モーラ・ナイフ Mora knife Companion MG (ステンレス)

こちらはステンレスモデル。切れ味が少し抑えめの代わりに錆びにくい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA