パナソニックのミニクッカー購入レビュー。米の味はそこそこ美味しい



こんにちは!のとむらです。一人暮らしの人にとって、なにかとスペースを取る炊飯器。

私はかつて3合炊きの炊飯器を持っていたのですが、ほとんど使わなくなったので手放し、代わりにホットサンドメーカーを購入。

しばらくして、やっぱり炊きたてのお米もたまには食べたいなと思い、パナソニックの一人暮らし向け炊飯器「ミニクッカー」を購入しました。

こちらは1.5合炊きになるのですが、味のクオリティが気になるところ。

というわけで実際に検証してみたいと思います。

 

Panasonic(パナソニック)ミニクッカー SR-MC03-W

パナソニックが誇る1.5合炊きの炊飯器。

昭和レトロの鍋みたいな形が印象的ですね。

見た目どおりシンプルな構造で、お米を炊くか加熱して汁物を作るだけ。

こちらが本体。

片手でひょいと持ち上げられるほど軽いです。

内容物はこんな感じ。付属の軽量カップは1杯すりきりで0.5合。つまり3杯よそれば1.5合炊きができます。分かりやすくていいですね。

釜はこんな感じ。薄くて軽いので、洗うとき楽です。

説明書にはこれを使って作れるレシピがいくつか載っています。

使い方

釜にお米と水を入れて本体にセットします。

あとはスイッチを押すだけで炊飯が始まります。

蓋がガラス製なので炊けていく様子が確認できます。「くつくつ」と煮込むような音が出るので、普通の炊飯器に慣れている人はびっくりするかもしれません。まあ、そこまで音は大きくないですが。

炊けるとスイッチが「カチン」と音を立て、ランプが消えます。お米は立ってないみたいですが・・・

かき混ぜると見栄えが良くなります。

一人暮らしにちょうどいい

ミニクッカーには保温機能も予約機能も付いていないので、炊けたらソッコーで食べ切るか、冷蔵保存しなければいけません。

ですが一人暮らしかつ小食の私にとっては、この単機能がまさに理想的。

3合炊き炊飯器を使っていた頃は、釜がそれなりに大きくて重かったので、なるべく洗う回数を減らそうと毎回3合フルで炊いていたんですよね。

食べ切れない分は冷蔵保存するので味は落ちますし、それをしばらく食べ続けるのがストレスでした。

対するこちらのミニクッカーは、釜が小さくて軽いので洗うのが楽々。

お米が余ってもせいぜい1食分なので、レトルトカレーと一緒にレンジでチンして食べてしまえば、味が落ちていることなど気になりません。

その後またお米を炊いてもいいし、パンや麺類に走ってもOK。

消費しなきゃという義務感がないので、ストレスフリーなのです。

小さいので置き場所に困らない

ミニクッカーは、片手で持てるほどコンパクト。

私は当初、使うとき以外は棚にしまっておこうと思っていたのですが、さほど邪魔にならないので作業机の端っこに置きっぱなしにしています(笑)

出しっぱなしなので、すぐに使えて便利です。

味はそこそこ美味しい

レビューなどで言われているとおり、味は普通~そこそこ美味しいって感じですね。

安いレンチンのご飯よりはホクホクしてて満足感があるので、日頃食べるぶんには悪くはないかなと思います。

美味しいお米が食べたくなったら、ちゃんとしたお店に行ったり、値段高めのレンチンご飯を食べれば良いだけなので。

炊き方で味が変わるか確認するため、30分ほど水に浸けてから炊いたり、水を多めにしたり、炊けた後に蒸らしたりと色々やりましたが大して変わりませんでした。

単純にお米そのものの味が反映される感じです。

ちなみにこの写真の茶碗は無印で買ったやつ。めちゃくちゃ気に入っています。

上手に使えば良い炊飯器

パナソニックのミニクッカーはめちゃくちゃ美味しく炊けるってわけじゃないので毎食はキツいですが、たまに外で美味しいお米を食べてバランスを取れば、使い勝手の良い炊飯器になり得ると思います。

ちなみに私はたまにキャンプ用の飯盒で炊いたり、アルファ米を食べて気分を上げています(笑)

 


パナソニック 炊飯器 1.5合 ひとり暮らし 小型 ミニクッカー ホワイト SR-MC03-W

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA