マルティーニツンドラ購入レビュー。北欧版マキリみたいな雰囲気



こんにちは!のとむらです。マルティーニのナイフといえば、おしゃれでかわいいイメージがありますが、アウトドアでガシガシ使えるフルタングもあります。

その名は「ツンドラ」。

ハンドルの形が特徴的で、まるで北欧版マキリみたいなナイフなのです。

 

Marttiini(マルティーニ)ツンドラ GR

フィンランドに拠点を置くマルティーニ。

こちらのツンドラは、ナイフとしてのカッコ良さがありながら、どこか民族的な印象ですね。

個人的にはマキリっぽくも見えるのですが、どうでしょうか?

ミラーフィニッシュの美しいブレード。

使うのが勿体なく感じますが、ぜんぜん問題ないということが後に判明します。

裏側はこんな感じ。とてもシンプルですね。

刃厚約3.5mmのフルタングで、レッドライナーが入っています。

荒々しい模様のカーリーバーチハンドル。

両側から挟み込み、トルクスで固定したシンプルな構造になっています。

手触りはスベスベしており、水分を簡単には吸い込みません。

板の厚みが左右で違っていたり、微妙に位置がズレていますが、そこは手作り感ということで。

手に持つとこんな感じ。ハンドルは四角いわりに意外と持ちやすいです。

角がやんわりと丸くなっているおかげでしょう。

シンプルでおしゃれな本革シース。

最初の数回だけキツめですが、すぐに取り出しがスムーズになります。

ぴったり収まるので、逆さまにして軽く振ったぐらいでは抜け落ちません。

裏側にはベルトループが付いています。

切れ味

それでは切れ味を見てみましょう。まずはコピー用紙から。

刃付けがちょっとガタついているため、良く切れる部分と引っかかる部分の差が激しいです。

続いてわりばしフェザースティック。こちらもやはり良く削れる部分と引っかかる部分の差が激しめ。

わたしは箱出し状態の切れ味が多少悪くても気にならないんですが、落差が激しいとケガをする恐れがあったので、かるく研ぐことにしました。

エッジもよく見ると先端がキンキンに尖っていて、(フルスカンジって言うのかな?)このままバトニングしたら刃こぼれしそうなので、かるく小刃を付けることに。

では再チェックしてみましょう。

コピー用紙はさっきより切れなくなりました。これはまぁ、小刃を付けたので仕方ないですね(私が研ぐの下手だからかもしれませんが)

続いて、わりばしフェザースティック。切れ味の落差がなくなり、さっきより良く削れるようになりました。

わたしはツンドラに対して、紙をキレイに切る鋭利さよりも、堅い木をゴリゴリ削るパワーにステータスを振りたかったので、研ぎは成功ってことにしちゃいます。

 

では、いよいよフィールドテスト。直径5cmほどの枝をチョッピングしていきましょう。

威力は強くも弱くもないといったところですね。切れ込みの良さもいたって普通です。

ただ、ハンドルの角が丸くなっているおかげで、手はあまり痛くなりませんでした。

続いてバトニング。

刃厚がそれほど厚くないので苦戦しましたが、なんとか割れました。

刃こぼれなし。靭性は十分なようです。

美しいミラーフィニッシュブレードに小傷が入りましたが、これはこれで味があってカッコイイというか、残念な感じなりませんでした。

このナイフ持ってるけど使うのに躊躇している方には朗報かなと思います。(とはいえ使用は自己責任でお願いします)

割った薪でフェザースティック。

サクサク削れますね。やはりスカンジグラインドだけあって、削り作業には強いみたいです。

ブレード鋼材

ツンドラのブレード鋼材は「1.4116」

ドイツ製のステンレス鋼です。

詳しいことは分からないのですが、似た名前の鋼材で「4116」というものがあり、

もし同等のスペックだとしたら、420HCよりも強くて刃持ちが良いそうです。

感覚的には普通よりちょっとランクが高い鋼材かなと思います。

メリット

・デザインが良い
・作りがシンプルなので扱いやすい

デメリット

・仕上げが少し雑
・チョッピングやバトニングの威力は必要最低限レベル

このナイフを買った理由

さきほどからちょいちょい言っているとおり、マキリっぽい雰囲気に惹かれたからです。

過去に「孫光作」という職人さんが作ったマキリを買ったことがあるのですが・・・

シースが付いていないので自宅で調理するときぐらいにしか使えず、そのうえ鋼なので錆びやすくて扱いに困り、手放しちゃったんですよね。

モノは良かったのですが、わたしの性格と合わなかった。せめてシースを自作する能力があれば使い道はあったでしょうに。

そんな出来事の後に出会ったのがツンドラというわけです。

このナイフなら最初からシース付きだし、錆びに強いステンレス鋼なので、アウトドアでガシガシ使えます。

伝統的な刃物は素晴らしいですが、実際に使うとなると利便性も大事ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA