小さな巨刃。トップス「M1ミゼット」の実用的すぎる設計に脱帽!



こんにちは!のとむらです。プリンシパル、トムブラウンスカウトに続き、またしてもポケットサイズのシースナイフを買ってしまいました。

今回のはさすがにポケットに入るか微妙なんですけどね(笑)

そのかわり実用性をトコトン考え抜いた、コアなナイフ好きにはたまらない設計になっているのです。

 

TOPS(トップス)M1ミゼット

アメリカに拠点を置くトップス。

こちらのM1ミゼットは、重厚かつ独特な形状ですね。

なんとなく、クジラにも見えます。

箱などはなく、袋に直接ズドンと入って届きます。

刃長は約93mmと、やや短め。

ブレード形状はドロップポイントで、エッジ形状はフラットグラインド。

上部にはソーブレードという、謎の刃が付いています。

ほとんど刃が立っておらず、今のところ有用性は不明です。

刃厚は約6.4mmのフルタング。

ポケットサイズのシースナイフとしては、おそらく最強クラスの破壊力を秘めているのではないでしょうか。

ハンドルは耐久性の高いキャンバスマイカルタ。

手汗や汚れを吸い込みますが、握りやすく、手が痛くなりにくいです。

手に持つとこんな感じ。

ギュッと握り込むこともできますし・・・

1ブロック後ろにずらして、リーチを伸ばすこともできます。

チョッピングのときはこの持ち方のほうが安全性が高いですね。

シースは、これまた耐久性の高いカイデックス。

めちゃくちゃ固くて抜きづらいですが、そのうち柔らかくなることを期待しましょう(笑)

裏側には金属製のベルトクリップが搭載。

360度回転するので、横に取り付けることも可能です。

私はブッシュクラフトや薪集めをする際、ポケットが6つ付いたカーゴパンツを履くので、左脚側のポケットに入れています。

重いので違和感はありますが(笑)

切れ味

それでは切れ味を見てみましょう。まずはコピー用紙から。

少し引っかかりますが、問題なく切れました。

続いて、わりばしフェザースティック。こちらも薄くは削れませんが、焚き付けには使えるレベルです。

ソーバックが付いているため、ナイフを持っていない側の指を置く位置に迷いますね。

それではいよいよフィールドテスト。こんな形のナイフを外で使わないわけにはいきません!

まずは直径5cmほどの枝をチョッピングしていきます。

とくに問題なく切断できましたが・・・思ったほど威力ないですね。なんというか普通。

ケーバーのベッカーBK2並みの破壊力を期待すると肩すかしをくらいます。

重心はブレード寄りですが、リーチか短いのでハンマー効果が発動しないのでしょう。

続いてバトニング。

こちらはさすがに刃厚ありきなので高威力。

刃がある程度入ると、厚みでスコンと割れました。

当たり前のように刃こぼれなし。コーティングも良い感じに剥げました。

割った薪でフェザースティック。

やはり薄くは削れませんが、ブレード先端のパワーが強いので、堅い木でも削れます。

ソーブレードも削れますが、微々たるものでした。

他に何か使い方があるに違いない。

メリット

・コンパクトなので収納スペースに余裕が出る
・刃厚があるのでバトニングに向いている
・ブレード先端の削る力が強い
・作業ごとに適した持ち方を選べる

デメリット

・コンパクトだが重い
・チョッピングの威力が普通
・シースがめちゃくちゃ固い

このナイフを買った理由

ポケットサイズで、えげつない破壊力が出せるナイフがあったら面白そうだなと思ったのが理由ですね。

最近ナイフをよく使うようになってから、使って楽しいと思えるナイフの魅力に気付きました。

M1ミゼットは森の中を探索しながら、欲しい薪を見つけたときにポケットからサッと取り出し、ズドンッと解体。

そしてまたポケットにしまい、行きたいところに自由に移動する。

ちょっとした冒険感が楽しめるナイフです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA