ロゴスの飯盒で炊飯してみた結果。安い炊飯器より1.5倍おいしい



こんにちは!のとむらです。以前ロゴスの兵式飯盒を購入し、品質が良いことが確認できました。

今回は実際に炊飯をして、上手く炊けるか検証したいと思います。

結論から言うと、安いマイコン式の炊飯器よりも1.5倍おいしかったです!

 

飯盒の炊き方(のとむらオリジナル)

一般的な炊き方だと1〜2時間かかってしまうので、ちょいちょい時短にして炊くことにします。

お米を40度のお湯に15分浸ける

強火で10分

弱火で5分

吹きこぼれがなくなり、少し焦げた匂いがしたら火を止める

逆さまにして5分蒸らす

これでだいたい50分程度で炊けます。

では写真で追っていきましょう。

まずはお米を2合セット。中子すりきり一杯で2合なので軽量カップいらずです。

40度のお湯に15分浸けます。内側に目盛りがあるので簡単ですね。

なぜお湯なのかというと、そのほうが水分の浸透が早いんじゃないか?と思ったからです(実際に早いかは不明)

高火力で一気に炊き上げるのが美味しくするコツだと聞いたことがあるので、最初から強火にかけます。

すぐに蓋が飛びそうになったので、重しを載せました。おいしそうな湯気が出ていますね。

蓋の上にレトルトカレーなどを載せて、温めるのも良さそうです。

約10分後、吹きこぼれが少なくなってきたので弱火にして5分加熱。ここから先はちょっとでも火にかけすぎると、凶悪に焦げ付くので目が離せません。

吹きこぼれが完全になくなり、少し焦げた匂いがしてきたので火を止めました。

逆さまにして5分間蒸らします(ヤケドに注意してね)このとき真冬だったので、あんまり時間かけると冷めちゃう気がしたので手短に済ませました。

しゃもじでサックリかき混ぜて完成!じつに美味しそうです。

実食

気になるお味ですが、ふっくらして美味しかったです。

おこげも歯ごたえあって、おいしいぃ〜

少しだけ硬かったけど芯は残っていなかったので、水の量を増やせば大丈夫そうですね。

同じお米を安い炊飯器で炊いたときは粒が立っておらず、パサつきがあったので、確実に飯盒のほうが美味しく炊けると実感できました!

残った分は冷蔵庫へ。焼きおにぎりみたいになってんな(笑)

 

少し焦げ付いてしまいましたが・・・

後日、お酢を1割ほど混ぜたお湯で煮込み、わりばしでガリガリしたらある程度キレイになりました。

電子レンジでチンしても美味しい

冷蔵したお米を電子レンジでチンすると味が落ちると思っていたのですが、やはり安い炊飯器の炊きたてより美味しかったです。

おこげも柔らかく食べやすい状態になっていました。

美味しく炊けると、保存しても美味しいんですかね?

まとめ

飯盒はキャンプで使うものですが、たまに家で炊くのも楽しいですね。

じつは今回の検証は、会社に行く前にやりました(笑)早く目が覚めちゃったときとかオススメです。

ふつうに大事にしていれば多分一生使えると思うので、良き相棒にしたいと思います。

焚き火で炊いたときの図。焦げるのビビッて早めに引き上げてしまった(笑)

 


ロゴス 兵式ハンゴウ 81234000

 


ロゴス(LOGOS) 飯ごう ハンドル付ハンゴウ 鍋 フライパン アウトドア 非常用

こちらはハンドル付きのモデルです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA