CADオペレーターの釣り求人に注意!現場でアスベストを吸わされた話



こんにちは!のとむらです。私は長いことCADオペレーターの仕事をしているのですが、「聞いていた話と違う!」という経験を何度かしたことがあります。

面接受けたはいいけど釣り求人だったこともありますし、オフィスワークだと思って入社したのに現場に行かされたこともありました。

現場が必ずしも良くないってわけではないのですけどね。肉体労働をしたくない人にとっては死活問題です。

そこで今回は、私がこれまでに経験したCADオペレーターという職業の実態について迫ってみたいと思います。

 

なぜCADオペレーターは釣り求人が多いのか?

まずCADは、機械CADと建築CADの2つに分かれるのですが、建築CADはその名のとおり、建物を建てるための図面を描くCADになります。

高層ビルなんかだと完成するまでに何年もかかるので、建設現場近くにプレハブ小屋のような仮設事務所を建てるのですよね。

その事務所には職人さん、現場監督、施工管理者、CADオペレーターたちが常駐する形となり、作業が進んでいきます。

事務所にはエアコンもパソコンもデスクも置いてあり、CADオペレーターはそこで図面をカリカリ描いていくわけですが、一日中エアコンの効いた室内にこもって仕事をすることはまずありません。

図面を描いた者の責務として図面どおりに施工してもらえるよう職人さんに指示を出し、実際にできているかその目でチェックする必要があるため、一日のほとんどの時間は職人さんたちと同じように現場で過ごします。

さて、もうお分かりでしょうか?釣り求人でよく見かけるCADオペレーターというのは現場仕事のほんの一部のことを指しているのです。

建設業界でバリバリやっていくために修行したいって人ならいいのですよ。現場を見るのは勉強になりますから。

ただ、パソコンでカチャカチャ楽に働きたいからCADオペレーターの仕事を選んだ人にとっては詐欺同然に感じるわけです。

完全に釣り求人のケース

求人広告ではしっかりCADオペレーター募集と書いてあったのに、いざ面接に行ったら現場仕事だったというパターン。

これは非常に分かりやすいです。逆に先に知れてありがたいぐらい(笑)

私がかつて面接に行ったところは、いわば派遣スタッフ登録みたいな感じで、「20回ぐらい倉庫内作業をやって信頼を勝ち取れたらCADオペレーターの仕事を紹介してもらえるかもですね。」と面接官の人に言われました(笑)

当然、怪しすぎるので回れ右して帰りましたが。

入社してから現場に行かされるケース

CADオペレーターとして入ったつもりなのに、入社して数ヶ月後に「ちょっと現場に行ってくれないか?」と言われるパターンですね。

これはちょっと分かりにくいです。

もちろん最初になかった話なので、たいてい断ることはできるのですが、非常に断りづらい空気でオファーをされるので厄介。

私が今まさにその状況でして、常に現場行きの危険を感じながら仕事をしています。

アスベスト吸わされ事件

今の会社に入社して数ヶ月経った頃でしょうか。

いきなり先輩に「2日間だけ一緒に現場に行ってくれないか?」と切り出されました。

現場で重大な事故が発生したらしく、その後処理をするために急きょウチの会社から数名、現場に駆り出されるという話が出たのです。

すごく嫌だったのですけどね、私そのとき暇だったので断れず(泣)

承諾すると、後出しジャンケンのように社長から「アスベストがあるから気を付けてね」と言われました。(先に言ってくれ!)

いざ現場入りすると想像以上にひどく、アスベストの塊がそこらじゅうに落ちている有様。

一応マスクとゴーグルは貸してもらえましたが、服に付着すれば結局吸ってしまうので、あまり意味はありません。

さらに硫酸だか塩酸が気化しているらしく、肌に付着すると焼きただれる恐れがあるとのこと。気化したものなんてどーやって避けろと?(笑)

予防するためのクリームがあったらしいのですが、「みんな使うから無くなっちゃって、高くて買うのもったいないから、焼きただれたら塗っていいですよ」と現場の人に言われ、一切使わせてもらえませんでした。

そんな感じで、ずさんな安全管理のもと、2日間の現場仕事は終了。

作業もきつかったですが、なにより重大な情報を事前に知らされなかったことに不信感を覚えましたね。

現場行きを避けるには?

では私のように、CADオペレーターはやりたいけど現場には行きたくない!ましてやアスベストなんか吸わされたくない!という人はどうすればいいのでしょうか?

最も確実なのは、面接時によく確認することです。

入社してから現場行きの話が出ると心理的に断りづらくなってしまうので、このへんは徹底しましょう。

面接のときに1回でも「現場に興味ある?」というワードが出てきたら、ほぼ100%入社後に現場行きの話が出ると考えて良いです。

あとは就業場所が本社以外になっていたら要注意。現場事務所に配属される可能性大です。

まとめ

現場は地獄みたいな書き方をしましたが、CADオペレーターの仕事自体もなかなか大変です。

覚えることは多いですし、残業も普通にあります。

仕事探しはよく考えて選びまくって決めるのが一番ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA