ナイフワークショップ体験レポート2。ナイフワーク実践編



こんにちは!のとむらです。引き続きナイフワークショップ第2弾。

今回は「ナイフワーク実践編」。内容は中・上級者向けとなっており、ゴリゴリとナイフを使っていきます!

最初の講習以上にナイフ好きが集まったため、現場はカオスなことになりました(笑)

 

ノッチ作りを教わる

場所はおなじみ「UPI OUTDOOR 鎌倉」。店の脇にあるほどよいスペースで、ナイフワークショップは行われる。こだわり抜いて選ばれた木がたくさん置いてあった。

ノッチとは、木をナイフで削ってできたへこみのこと。細工した枝どうしを掛け合わせて様々な道具を生み出すことができる。ブッシュクラフトの定番スキルだ。

今回はケトルの取っ手を引っ掛けるための「ポットフック」作りに挑戦することになった。インストラクターの先生が、適切な長さに切った枝を参加者さんたちに手渡す。

「木の皮部分はじつはもろいので、最初にぜんぶ剥いて生木にしてください。こうすることで、ノッチを作った後も強度を保つことができます。」

というわけでナイフを使って枝の皮を剥ぐ。運営側からモーラナイフのヘビーデューティーをお借りしたが、今回使ってみたいナイフがあったので持ってきた。

じゃん。ビクトリノックスの「ソルジャーナイフ」。力技が必要なところ以外は、こいつで頑張ってみたい。波刃部分がどこまで通用するかも気になるところだ。

ソルジャーナイフの刃を入れると、わりとスムーズに皮を剥くことができた。波刃部分でも問題なく剥ける。

次にフックにする部分に切れ込みを入れる。バトニングと同じ要領でナイフを叩くので、モーラナイフの「コンパニオンヘビーデューティーMG」にチェンジした。(借りたやつ)

「ノッチ作りは最初にしっかり深く切れ込みを入れると、上手くいきやすいです。削るときについ力が入ってしまっても、切れ込み部分で刃が止まってくれるので、ケガの防止にもなります。」

先生は削るときに安全なナイフの握り方についてもレクチャーしてくれた。プロの手によって、さまざまな握り方が考案されているらしい。

とはいえ手先が不器用な私はそんなに上手くできない。ときにソルジャーナイフの波刃でギコギコしたり、堅いところはヘビーデューティーに任せたりして、なんとかそれっぽいものが完成した。


かろうじでぶら下がってくれたケトル。

罠を作る(遊びで)

続いては罠づくり。「スプリングスネア」と呼ばれる罠の一部を作ることになった。

この罠は、ノッチどうしではめ込んだ枝に衝撃が加わることで外れ、獲物がピーンと引っ張られる仕組み。

ただし今回のは完全にお遊び。一部分だけ作ってすぐに破棄する方針だ。

個人的な理由で罠を作って動物を捕獲するのはもちろん、設置するのも法律で禁止されている。わな猟免許を取得した人ですらダメなので、くれぐれも実践に使ってはいけない。

参加者さんと二人一組になり、私は溝になるノッチを担当した。削る位置や寸法をそれなりに合わせないといけないので、さきほどのポットフックより難易度が上がる。

またしてもヘビーデューティーとソルジャーナイフを交互に使う。実用性重視のナイフとちょっとクセの強いナイフを使い分けるのは楽しい。

完成。ノッチ同士も噛み合う。

最後に罠がちゃんと作動するかみんなで試した。子どもの頃に砂場遊びをしたときのようなテンションが蘇ってきた。

先生のお気に入りナイフ

この日、先生がお気に入りのナイフを見せてくれた。一つがガーバーの「ポールナイフ」。もう一つはヘレのテマガミではないやつ。忘れてしまったので今度聞いておこう。

「実用ナイフと愛でるナイフは別々に持っておきたいんですよね。」

たしかに。あまり派手に使いたくはないけど、眺めていたくなるナイフはある。お守りのような、そんな存在だ。

先生はガーバーが昔から大好きで、ナイフにハマったきっかけもガーバーだったという。

テマガミじゃないやつのほうは、刃が短くて幅広で先端が細いところが気に入っているとのこと。

男だらけのナイフトーク

今回の参加者さんは全員男性で、ガチのナイフ好きや猟師の人が集まった。自然と話題はナイフ方面になる。

「バークリバーのブラボー1はやっぱいいっすよね。」

「CPM3Vだっけ?あれ硬くて研げなくない?(笑)」

「でもコンベックス好きなんですよー。」

「フォックスリバーもいいよね!」

「今月新しいナイフ買っちゃうと金やばいな〜」

話を聞いたところ、バークリバーやヘレナイフが人気のようだった。どちらも実用性が高いうえ、古めかしい良さげなハンドルをしている。私もぜひ買いたいくらいだ。

こうやって、誰かとナイフの話ができるのは嬉しい。今までナイフ好きの人にはほとんど会ったことがなかったので、自分はおかしいんじゃないか?と思っていたけどそんなことはなかった。

最後に先生はこんな言葉を残した。

「ナイフが本当に好きな人って、絶対に人を刺したりしないんですよ。大事な道具だし、宝物だし、人の血で汚したくないから。」

まったくもってその通りだ。しかし、ナイフの取り締まりはどんどん厳しくなっていく。このまま悪用する人間が増えれば、シースナイフ所持禁止ということにもなりかねない。

先生はナイフワークショップを通じて、少しでもナイフに理解がある人が増えれば、ナイフ好きにとって良い世の中になるのではないか?そう願って活動している部分もあるという。

最近ではソロキャンプやブッシュクラフトが注目され初め、キャンプを題材にした漫画なんかも増えてきた。もしかすると、ナイフに注目が集まる日が来るかもしれない。

ナイフ好きにとっては嬉しい話だ。だが一つ懸念が。ナイフが売れるようになれば必然的に品薄になり、値段も高騰する。

ある程度ナイフを買い集めるまで、ナイフブームの到来はちょっと待ってほしいのだった。

店内のヘレナイフコーナー。これだけ良いものを見せつけられると、全部ほしくなってしまう。

 


モーラ・ナイフ Mora knife Companion Heavy Duty Orange

 


VICTORINOX(ビクトリノックス) ソルジャーナイフ 保証書付 0.8461.MWCH 【日本正規品】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA