シースナイフVSフォールディングナイフVSマルチツール!一番は?

こんにちは!のとむらです。ナイフには色々な種類がありますが、その形状によって大きく3つに分類されます。

ハンドルとブレードが一体化した鞘付きのシースナイフ。

折りたたんでコンパクトに持ち運べるフォールディングナイフ。

便利なツール類がハンドルに集約されたマルチツール。

この中でどれが一番良いかと聞かれたら、ナイフ好きの方であればこう答えるでしょう。

「そのときの状況による!」

もしくは、ナイフが好きすぎる人だったら、こう答えるかもしれません。

「みんな違ってみんな良い!」

つまり、3種類ともそれぞれ一長一短があって、簡単には選べないということなのですが、それでは話が進みませんよね(笑)

というわけで今回は、私がベストだと思うナイフ形状を、独断と偏見で決めさせていただき、誰が得するのか分からない熱いナイフトークを繰り広げていきたいと思います!

 

 

個人的にはシースナイフが一番

シースナイフ、フォールディングナイフ、マルチツール。

この3種類のなかで、個人的に一番だと思うのはシースナイフですね。なぜかというと、問題解決能力が一番高いから。

シースナイフの、特にフルタングなんかですと頑丈なので、太い木を割ったり削ったりといった、他の2種では難しいハードな作業がこなせます。

また、がんばれば細かい作業もこなせるので、携行性以外の点では他の2種に劣るところがありません。

というわけでマイベストナイフ形状はシースナイフ!

細かく順位をつけるなら、シースナイフ>フォールディングナイフ>マルチツールの順になります。

なんか模範的な回答になっちゃいましたね・・・。では次に、この3種類のナイフのメリットを、それぞれ代表的なナイフの紹介を交えてお話ししていきましょう!

 

シースナイフのメリット

・オールマイティーに使える

・切れ味と耐久性が高い

・構造がシンプルなので汚れに強い

・作業スピードが速い

シースナイフのメリットはこんなところですね。特に注目すべきは作業スピードが速いという点です。シースナイフは3種類のなかで最も操作性が良い傾向にあるため、素早く食材を切ったり、木を削ったりすることができます。

私なんかはキャンプは好きだけど虫が苦手でして、現地に着いたら虫が群がってくる前にさっさと薪を割って、火を起こしたいのですよね。シースナイフはすぐに結果がほしい人の強い味方になのです。

 

そしてシースナイフの代表に選ばせていただいたのはこちら!

シースナイフの代表に選んだのはこちら!「モーラナイフ ガーバーグマルチマウント」

耐久性の高い刃付けと、フルタング構造が特徴的で、食材のカットから薪割りまで、これ一本でこなせます。

 

フォールディングナイフのメリット

・取り出しスピードが速い

・軽量かつコンパクト

・薪割り以外の作業はほとんどこなせる

フォールディングナイフのメリットはこんな感じです。サムホールやサムスタッドが付いたタイプだと片手で開閉できるので、3種類のなかでは圧倒的に取り出しスピードが速い!

ロープを切るとか、袋の封を切るとか、サッと使いたいときに便利です。切れ味もなかなか良いので、焚き火用のフェザースティックも作れます。

また、釣りをする人になんかは釣った魚をその場で活け締めするのに、コンパクトで片手で開閉可能なフォールディングナイフは重宝するそうです。

 

そしてフォールディングナイフの代表に選ばせていただいたのはこちら!「ベンチメイド グリップティリアン」

私はまだ持ってないのですが、フォールディングナイフのおすすめといえば真っ先に名前が挙がるほど、ベンチメイドは評判が高いです。

片手で開閉できるナイフは他にもあるのですが、そのなかでも特にベンチメイドのロックシステムはスムーズに動くらしいのですよ。ブレード鋼材には耐摩耗性に優れた154CMが使われており、シースナイフより刃の減りが早い弱点も見事に克服しています。

 

マルチツールのメリット

・色々な機能が付いている

・工作がしやすい

・威圧感が少ない

マルチツールのメリットはこんな感じ。一見すると使う機会がなさそうな機能も多いのですが、サバイバルスキルが高い人が持つと化けます(笑)

リーマーで空き缶に穴を開けてアルコールストーブを作ったり、ノコギリで竹を切って釣り竿を作ったりと、新たな道具を生み出せるのです。

長期間のサバイバルやバックパッカーの旅をする人には、マルチツールが3種の中でベストかもしれません。

 

そしてマルチツールの代表に選ばせていただいたのはこちら!「レザーマン シグナル」

アウトドアに特化したモデルで、ナイフの他にプライヤー、ノコギリ、救難ホイッスル、ダイヤモンドシャープナー、ファイヤースターター、ドライバー、レンチ、ハンマー、リーマー、缶切り、栓抜き、カラビナなど、じつに多彩なツールが備わっています。

サバイバルの達人ならこれ一本で、火起こし、食料調達、シェルター作りができてしまうんじゃないでしょうか?仮に使いこなせなくても、男のロマンがぎっしり詰まっているので欲しくなる一品です。

 

まとめ

3種類それぞれの良いところを書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

長くなってしまったので、今回の要点をまとめます。

【シースナイフ】
ナイフ作業を楽にしたい人向け

【フォールディングナイフ】
瞬間的にナイフが必要になる人向け

【マルチツール】
サバイバルを楽しみたい人向け

一見すると本格派のシースナイフが初心者向けで、手軽に使えそうなマルチツールのほうが上級者向けに思えてきますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA