ブッシュクラフトナイフにおすすめ「ケラムウルヴァリン」の切れ味

ブッシュクラフトに最適と言われている北欧ナイフ。安価なところでいえばモーラナイフが有名ですが、ナイフ好きとしては本格的なものを一本ぐらいは持ちたいところ。

そこで今回は、私がめちゃくちゃ気に入っている北欧ナイフ、「ケラム ウルヴァリン」を紹介します。

KELLAM(ケラム)  ウルヴァリン


民族らしさを思わせるレザーシースに、ぬくもりのある天然木ハンドル。少し丸みのあるブレードにはSPT炭素鋼という、部分焼き入れをした特殊な炭素鋼が使われています。

生活に根付いたようなデザインで、普通のナイフに見られる凶々しさがないのですよね。「かっこよくて、かわいい。」そんな言葉が当てはまるナイフです。

エッジ形状はスカンジグラインド。刃長は約9.5cm。この長さは最も使いやすいサイズ言われている3~4.5インチの範囲内。刃厚は約3.3mm。重量は120gとかなり軽量。

ハンドル素材はカーリーバーチという、フィンランドのナイフメーカーに多く使われている素材です。価格はアマゾンで約16000円。


鏡のように綺麗なスカンジグラインド。


モーラナイフのコンパニオンヘビーデューティーMG並の刃厚。


ちょうど手に収まるハンドルサイズ。

部分焼き入れについて


部分焼き入れって言われてもなんのこっちゃか分かりませんよね。私もよく分かっていません(笑)調べてもエッジ部分のみを焼き入れしているという情報ぐらいしか出てこないのですよ。

まず「焼き入れ」っていうのはナイフを作るうえで欠かせない熱処理の一つで、分かりやすく言うと鋼材を硬くする作業のことです。でも硬くするだけだとおせんべいみたいにすぐ割れちゃう。

なので焼き入れをした後は、「焼き戻し」という、鋼材の柔らかさを取り戻す作業が必要となるのですが、この「部分焼き入れ」という言葉を額面どおり受け取ると、エッジ部分だけ焼き戻しをしていないということになります。

ということはエッジ部分は高硬度で切れ味が鋭い代わりに、割れたり欠けたりしやすいということになるのでしょうか?まあ、いずれにせよ手荒に使える感じのナイフではないですが。

切れ味


箱出し状態の切れ味は抜群に良いです。コピー用紙はスパッと切れるし、わりばしでフェザースティックを作る際も、刃が入りやすいです。さすがはスカンジグラインド。ナイフ本体も小ぶりなので細かい作業に最適です。

じつをいうとこのウルヴァリン。気に入りすぎてあんまり使っていません(笑)ナイフは使ってこそ価値が出るものなのですが、あまりに良いナイフを持ってしまうと、こういったジレンマが起こります。

スカンジグラインドは研ぎやすいと言われていますが、手研ぎでこの繊細なエッジを保つのは私には無理(笑)ブレードの幅が狭いので、ほんの少しの失敗ですら命取りな気がします。

研ぐとしたらランスキーシャープナーとか、扱いが簡単な道具を使ったほうが無難でしょうね。


最近になって、ようやく本格的に使い始めた。めちゃくちゃ硬い木も、ウルヴァリンにかかればこのとおり。


かなり力をかけて削ったのに、刃こぼれ一つしなかった。感動した。

耐久性


あくまで持ってみた感じの話ですが、耐久性はモーラナイフのコンパニオンヘビーデューティーよりも少し低いかなという印象です。

ハンドルがやっぱり天然木ですからね。欠けたり、手汗が染み込んでしまうリスクもあるので気兼ねなくは使えません。タングもマウステールタングという細くて耐久性の弱い構造なので、バトニングにも不向きかなと。

以前ユーチューブに、ウルヴァリンでバトニングしている動画があったので、全くできないというわけでもなさそうですが、ちょっと怖いので私はこの切れ味の良さを活かして、削る作業専用にしようと思います。

太い枝でもフェザースティック状にすれば火の付きはよくなりますからね。

シースの特長


ケラムウルヴァリンのシースは硬くてしっかりとした本革。ベルトループが付いているため、腰にぶら下げることも可能です。

ボタン留めは付いていないのですが、きつめにできているので、逆さまにして軽く上下させたくらいでは、全然すっぽ抜けません。

奇抜なデザインなのに、使いやすさも考慮されている点が良いですね。


先端部分。固く縫い付けてあるのでフニャっとしない。


シース内はこんな感じ。少しザラザラしている。

デメリット

個人的には手荒に使えないのが唯一のデメリットだと思いますが、客観的にみると次のようなデメリットがあります。

・バトニングなどのバードな使い方は推奨されていない

・ハンドルが天然木なので経年劣化のリスクが高い

・ハンドルが太いため力をフルに入れにくい。自分で削って調整する人もいる。

・炭素鋼+革シースという組み合わせなので、シースに入れたまま保管すると錆びやすくなる

まとめ

デザイン・切れ味・使いやすさ・素材がそれぞれ高いレベルにある「ケラム ウルヴァリン」。

無理な使い方さえしなければ、いつまでも期待に応えてくれる気がします。


KELLAM Wolverine ケラム ウルヴァリン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA